*

【感想】ぼくたちは習慣で、できている。佐々木典士 著

公開日: : 読書感想 ,

習慣についてかなり細かく解説をしている本です。『ぼくたちは習慣で、できている。』この本について、「今まで何をしても続かなかった」「これはどうしても止められない」という経験のある方に向けてお勧めの理由を解説いたします。

 

 

ぼくたちは習慣で、できている。の佐々木さんはこんな人

 

佐々木 典士さんは、世界中でベストセラーになった、

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ 』 単行本(ソフトカバー)  2015/6/12

の著者です。出版社に勤務されながら世界的なベストセラーを書かれました。今は独立をされているようですが、『ぼくたちは習慣で、できている。』は、書籍の2作目です。

 

 

佐々木さんは、印税は寄付されているようです。

収入が10万円あれば生活できるとか。1500万円の印税が寄付されています。

 

【感想】ぼくたちは習慣で、できている。佐々木典士 著

 

この本では、引用が多く使われています。それも地味なことが多く書かれています。

余りにも当たり前のことを、継続しないと習慣はできないのだな。

と徐々に納得をしていきます。

例えば、

 

【習慣で読み解く才能】

の章では、

プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことである。

――リチャード・バック

『ぼくたちは習慣で、できている。』佐々木 典士 著 P.284より

 

物書きは、継続をして書き続けにといけないと言っています。

止めてしまうと、再び始めるのにかなりのパワーが必要となってしまうからです。

ご自身の体験も書かれているのでその点も読まれることをお勧めします。

 

一つの仕事を完全に終わらせて休息に入ってしまうと、次に始めた時に、自分にかなりの負担が掛かってしまうという話を聞いたことがありました。

”わざと少し残して仕事を終了すると、次に仕事が始めやすくなる”

ということを。

 

それと同様に、

 

  • ヘビの恐怖を克服するには?
  • 早起きのチャンクダウン
  • 女の子をデートにうまく誘うには

 

これらは参考にというよりは面白く読ませて頂きました。

そして、

  • 自分基準の努力でいい

 

では不覚にも涙がでました。

ある話が例に挙げられていました。

走るのが苦手な生徒に、心拍数を測る装置を着けたところ、驚くことが分ったそうです。

教師は

「もっと真剣に走れ!」

って危うく言ってしまうところでした。ところが、その生徒の心拍数は最大値に近い数字を出していました。

その生徒は誰よりも一生懸命走っていたのです。

このエピソードは著者自身も何度読んでも涙が出てしまうそうです。運動が苦手なその子は、胸を潰しそうになりながら、誰よりも努力をしていたといいます。

 

習慣もどれだけ真剣自分のものにしようと取り組んでいるかによって人生が変わり感動があるのかもしれません。

 

ぼくたちは習慣で、できている。の参考文献

 

この本が何でこんなに説得力があるのかな?と考えてみたところ、本の末尾にかなり多い参考文献が書かれていました。この量だからこそ、この本の情報が有意義なものだと裏付けされていると理解しました。

著者ご自身の体験と、調べた文献の量、知識がこの本に詰め込まれています。

偏った意見でもなく、

論文、文献に裏付けされたものなのです。

 

私たちは、情報に踊らされるではなく、自分でしっかりと考えられるようになりたいですが、

この本に書かれていることを素直に真似てみるのも一興かと思われます。

 

ぼくたちは習慣で、できている。が集約されている言葉

 

今していることは続けて大丈夫なのだろうか?と思ったことはないでしょか?不安は未来に対して感じるものだとこの本の著者は言っています。

習慣で手ごたえを感じていると決してなくならない不安と上手に付き合ってけるとも。

 

 不安は未来に対して感じるものだ。そして今を大切にし続けた先に未来がある。今ここ、そして1日1日の満足感を積み重ねた未来が、おかしなものになるはずがないではないか。

 

心は、習慣でできている

心を変えれば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。

――ヒンズー教の教え

『ぼくたちは習慣で、できている。』佐々木 典士 著 P.312より

 

以前、別のコーチングで習ったことと同じ内容でした。

ヒンズー教の教えだったのですね。

この本の内容はコーチングで学んだことも含まれていました。広く知識を集めるとたどり着く場所は同じになっていくのかもしれません。
 

 

【感想】ぼくたちは習慣で、できている。のまとめ

 

習慣は、毎日するから迷いがなくなります。

習慣は毎日やらないと無意識にならないです。

 

習慣にしようとすることを毎日実行して、

それが無意識に出来るようになって、

 

出来ない時には、ショックを受けるようになったのなら、それはもう身に付いた習慣です。

そうなれるようこの本を読んで、

失敗したり、

日記につけるなど出来ない理由を自分なりに探ってみるなどして、

徐々に新しい習慣を付けていきましょう。

 

そうすれば、なんの代わり映えのない自分から脱出できるようになります。

 

とにかく、自分の付けたい習慣は、「何も考えずに手を動かし続けること」から始まるのだと学びました。

良い習慣をどんどん増やしていき、変化のある自分になろうと思っています。

 

スポンサーリンク

ランキング

関連記事

【感想】『信長の原理』から読み解く働かない人材の対処方法

誰にでも一度は会社の中にいる働かない人に対する怒りを経験されたことがあると思います。あの人なんで楽

記事を読む

日本酒は美容に良い理由3選

アルコールって身体に良いの?悪いの?その答えを出してくれる本を見つけました。お酒を飲んで悪酔いしない

記事を読む

【最新刊】2018年11月22日発売『椿町ロンリープラネット 12』

最新刊の『椿町ロンリープラネット 12 』マーガレットコミックスが2018年11月22日木曜日に発売

記事を読む

【感想】海堂尊の『玉村警部補の巡礼』あのペアがお遍路さんに!

2018年4月20日に発行されました海堂尊の『玉村警部補の巡礼』の感想です。読んでいるうちに四国のお

記事を読む

【感想】医師が教える 疲れない、太らない、老けない ゼロポジ座り

ゼロポジ座りは、座った時に背中と足の角度が110度になります。座り方を整えていつまで若々しい体型を維

記事を読む

【読了】花だより みをつくし料理帖 特別巻

みをつくし料理帖がとうとう完結をしてしまいました。この最後の特別編。かなり完成度の高いものでした。是

記事を読む

【最新刊】ガンゲイル オンライン9巻フォース・スクワットジャム(下)

表紙を飾っているのは両手に2丁持っている「ピンクの自動式」けん銃を放っているレンちゃんです。次が発売

記事を読む

【感想】女の不作法・男の不作法 内舘牧子 著 

内舘牧子さんの二冊同時に発行された本を読みました。『女の不作法』と『男の不作法』。この本を読んでいる

記事を読む

【感想】カズオ・イシグロの『忘れられた巨人』~アーサー王伝説より

ブッカー賞(ブッカーしょう)受賞作家のカズオ・イシグロの本の感想です。まさかこんなに面白い本だったと

記事を読む

最新刊発売!『なまいきざかり。16(花とゆめコミックス) コミックス –2019/6/20 』

最新刊情報です。花とゆめコミックスの『なまいきざかり。16』が2019年6月20日木曜日に

記事を読む

スポンサーリンク

ランキング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【体験談】介護の仕事をするためにカイゴジョブに行ってきた!

介護の仕事を始めようと思い、介護の資料を請求した!長年勤めた会社を

介護って資格を取ってから働く?働きながら資格を取る?

介護の資格は介護の現場で働きながら取れるといいます。しかし、働きなが

新年の抱負は手帳に書いて実現・抱負例文一覧記載

あっという間に新年を迎えます。月日が経つのは本当に早いですね。自分が

12月1日日曜日のブログセミナー

12月1日日曜日に予定をしています。ブログセミナーの案内です。読み手

WordPress用ヘッター画像の作り方

Wordpressのブログを開設する時に、少しでも他のブログとの差別

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑