*

『カエルの楽園』すごいなー何だかんだ言ってみんなしっかり読んでいる

公開日: : おススメ

なんだかんだ言ってみんなしっかりとこの本を読んでいます。『カエルの楽園』あっさりと読めて面白いです。怖いです。

結末がわかってしまうくせに、それを信じたくない不思議な本です。童話みたいです。そもそもグリル童話も残酷な物語が多いですよね。

 

 

スポンサーリンク



 

『カエルの楽園』は読むとみんなが引っ掛かりを感じる本

 

百田尚樹さんってすごいなーこんなにはっきりわかる形ではなくて。

テーマは同じでも、もっと別の物語にできなかったのかって思います。

勇気があるというか。

みんなが物議を醸しだしてしまう本ということは、それだけインパクトがある本と言えますね。

 

 

 日本って国全体が老いてきているのでしょうか

 

どうやら、この物語の中の、カエルの楽園の ”ナパージュ” は、日本らしいのです。

で、この本が掲げている問題が、日本の問題ばかりなんです。

その問題の一つが「少子化」です。

 

カエルの楽園では、オタマジャクシをあまり見かけません。

不思議に感じて、年老いたカエルに、よその国から来た主人公のカエル達が聞くと・・・。

「若いメスたちが卵を産まなくなったんじゃ」

 

少子化が進んできているって日本がゆっくりと弱ってきているってことなんですね。

 

カエルのローラ達は卵を産みたくありません。

だって、卵を産むのは損なことだと思っているからです。

子どもを育てるって大変なことですよね。

出産は昔は命がけでした。

昔の女性はよく頑張ったと思います。

医療も発達していない時代にだから産後のひだちが悪くて段々と弱っていくお母さんも多かったのです。

 

今は、出産の環境が良くなったのにも関わらず出生率が減ってきているのですよね。

日本に見立てたナパージュという国は、”国全体がゆっくり、静かに、老いていっている” そうです。

 

 

ローラの迷言集です。

 

ローラって優しくて面倒見が良いんですよ。でも、卵は産みたくないんです。

 

 

「そうね、多分生まないわ」

「だって大変なことばかりじゃない?卵を産んで何かいいことあるかしら?いいことがあればいくらでも生むわ」

「ナパージュのために卵を産めと言うの?」

「あなたも元老院たちと同じことを言うのね」

「あたしたちは卵を産むために生まれてきたんじゃないのよ。産むのも産まないのも、あたしたちの自由でしょ。あたしのお腹は元老院たちのお腹じゃないわ。そんなに産め産めと言うなら、元老院たちが産めばいいんだわ。産めるものならね」

「子どもを育てるのに、あたしたちばっかり大変な思いをするなんておかしいじゃない」

「それに、あたしたちはやらなきゃいけないことがたくさんあって、毎日本当に時間が足りないの。第一、卵を産むなら、まずは相手も見つけなきゃならないしね」

『カエルの楽園』百田尚樹 著 P.83-84より

 

この本も読んでみたくなりますね^^
スポンサーリンク



 

『カエルの楽園』読了後のまとめ

 

カエルのローラにしたって子供たちのカエル達にしたって、ここまでおバカなのは変だと思うのですが、

せめて死ぬ間際には、気が付くのではないかと思うのですが。

ローラは散々いたぶられ続け、息も絶え絶えの状態で、

「大丈夫よ。ひどいことにはならないわ。だって、ナパージュには三戒があるんですもの」

って言っちゃうんです。これが彼女の最後の言葉です。いくらなんでもおかしいって気が付くでしょう!って思わず突っ込みました。日本、ここまでおバカではないですよね。

大丈夫よ。

 

スポンサーリンク

ランキング

関連記事

最新刊発売!『なまいきざかり。16(花とゆめコミックス) コミックス –2019/6/20 』

最新刊情報です。花とゆめコミックスの『なまいきざかり。16』が2019年6月20日木曜日に

記事を読む

桃・開花~桃を楽しみましょう花まつりから美味しい食べ方まで

風邪をひくとなぜだか桃の缶詰をたべたくなります^^白桃の缶詰がいいですよね~~3月末の桜の開花と同じ

記事を読む

厚木・飯山にあるカフェ「四分休符」でちょっと一休み

厚木の飯山にある「Cafe4分休符」に行ってきました。美味しいコーヒーとゆっくりとできる店内は、友達

記事を読む

【キャンペーン】恵megumi選べる最大10万円分プレゼント

恵megumiのヨーグルトのキャンペーンが始まりました。2018年12月26日水曜日まで当日消印有効

記事を読む

【感想】無限の富を手に入れたい若者の話『富と宇宙と心の法則』

『富と宇宙と心の法則』はディーパック・チョプラ博士の本です。富を永遠に手に入れる方法が書かれています

記事を読む

大掃除にもおすすめ・シミを残さない洗濯方法

衣替えをしたら、しまい込んでいたブラウスが黄ばんでいた・・・シミが出来ていた・・・という場合の対処方

記事を読む

ジェネリックで!ジェネリック医薬品を選択しましょう。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、新薬(先発医薬品)と同じ成分・同等の効き目をもつ医薬品です。より

記事を読む

【感想】『魔力の胎動』ラプラスの魔女の前日譚

『魔力の胎動』は2018年3月に発行され、6月に映画の上映を終えた『ラプラスの魔女』の前日譚です。先

記事を読む

バレンタインデーやホワイトデーに♡恋人たちのワイン

Chateau Calon Segur for Valentine's Day  

記事を読む

アンと青春・和菓子のアン 坂木 司 著

主人公のアンちゃんの豪快な食べっぷりとクールな分析がたまらない、そんなアンの物語です。デパ地下の和菓

記事を読む

スポンサーリンク

ランキング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

履歴書の封筒は小さいサイズでも良いの?色は茶色でも良いの?

履歴書を購入してくると封筒のサイズが2種類入っていました。履歴書って

介護の仕事につきたい!介護職員初任者研修スクール9日目

介護職員初任者研修の資格を取得して、介護の現場で働こうと考えている6

介護の資格取得 ベッド上の移動とベッドから車いすの移乗

今回も介護職員初任者研修の資格取得に向けて学ばれている60代男性の体

介護職員初任者研修スクール授業のようす受講7回目で実践は2回目

介護の仕事につくために奮闘している60代男性のスクール体験談です。本

資格取得!介護職員初任者研修スクール講座6回目の実技

定年後に介護士として働こうと考えた60代男性の「介護職員初任者研修」

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑