スマホ・パソコン老眼は治る 視力低下に待ったをかける

質問箱

視力が低下をしてきました。お年頃だから・・・老眼の。だからしょうがないと眼科医に言われましたが、悪あがきをしようと毎日奮闘しています。日々の実践から有効だったことを紹介します。

 

スポンサーリンク

ピント調節力を取り戻すことが老眼を改善することなんです

加齢によって弱ってしまう目の周りの筋肉が下記の筋肉です。

 

・ピントを調整する毛様体筋

・ 瞳孔の大きさを調整する虹彩筋

・眼球を動かす外眼筋などの筋肉
これらの目の周りの筋肉が老化によってコリ固まってしまい、その上に、パソコンやスマホなどの長時間使用で、(あまり目を動かさずに)強い負荷をかけてしまうと、
筋肉が疲労して動きが鈍くなり、老眼がさらに進んでしまいます

 

 

200

 

スポンサーリンク

老眼をおこさせる危険な原因

 

スマホやパソコンには老眼を進める危険な要素がたくさんあります。老眼を進める要素とは、目を疲れさせることといっても過言ではないのです。

例として、

ブルーライトは目をチカチカさせます。

パソコンが眼に負担がかかるのを実感している人は多いのではないでしょうか。長時間、パソコンの画面を見つめていると目が疲れます。パソコンから発せられる青い光が目に負担をかけるのです。

暗い部屋で読書をすると目が悪くなるのと同じように、部屋とパソコンとの明るさの違いが目に負担をかけます。それが目のコリにつながってしまうのです。

ブルーライトカット機能のあるパソコンソフト眼鏡のレンズにブルーライトカット機能のあるものを使用するようにしましょう。

 

 

ドライアイが老眼を進めてしまいます

 

パソコンを長時間しているとどうしても目が乾いてしまいます。

目がごろごろするのならドライアイ対策が必要となってきます。ドライアイは角膜を傷つけてしまいます肩こりの原因にもなります。なので目を常時潤わせている努力が必要なのです。

ドライアイ対策には、

・目の瞬きの回数を増やす。

ようにしましょう。

パソコンやスマホを凝視していると瞬きの回数が極端に減ってしまいます。”瞬きの回数が減ってしまう” という情報をいつも頭に入れていてください。そして、瞬きの回数を増やすことを心掛けるようにします

 

運動不足が老眼を加速させてしまいます

座ってパソコンなどのデスクワークを長時間していると運動不足に陥ります。

目の血流が滞るから、目がコリます目の血流をアップさせるには、やはり体中の血流を活発にさせないといけません。

なので、運動が大切になってきます。

ウォーキングや有酸素運動も大事になってきますが、ちょっと過激に、マラソンや縄跳び、トランポリンなど派手にジャンプするような運動が目のためには大事です。

老眼対策なので、体も老化はしてくる頃ですが、できる範囲で構わないので運動をするようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

こうすれば老眼はよくなる

身体に良いことと、老眼のために良いことは実は、同じなんです。老眼対策としては、

目の血流を良くするためにもお水をたくさん飲むようにします。運動を毎日します。コリをほぐすためにツボを押すことも有効です。目を動かすなどのトレーニングも毎日するようにしましょう。

 

そして目のために必要な栄養を体に取り入れるために、バランスのよい食事をするようにします。アントシアニン抗酸化作用のあるルテインなどが含まれているサプリなどもおすすめです。

さらに疲れ目を回復するために睡眠をたくさんとります。

これ、みんな健康に良いことなんです。なので、老眼が改善されれば、体も健康になり、見た目も若々しくなれるのです。

 

スポンサーリンク

老眼に良いことのまとめ

・水をたくさん飲む。

・睡眠時間をたっぷりとる。

・目のトレーニングをする。

・バランスのよい食事をする。

・運動をする(縄跳び、マラソンなど)

・目疲れたらツボを押すなどコリを摂ることをする。

 

最後に目のトレーニング方法です。

 

目のトレーニングとは目をいつも動かさないところも動かすようにすることなんです。

 

・眼球を上下、左右、斜め(右上下、左上下)に動かします。ポイントとして大きく動かすようにします。

・目をぐるりと回し、さらに反対にもまわします。これを何回か繰り返します。

 

目のトレーニングなので、体は動かさずに瞳だけオーバーアクションをするようにしましょう。

 

目は一生大事にしていきたいですね。目を大切にしましょう。

 

 

 

スマホ老眼は治る! [ 荒井宏幸 ]
価格:1404円(税込、送料無料)

 

https://cosmeticsdiet.com/1367.html


https://cosmeticsdiet.com/1418.html

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました