ヘアカラーのアレルギー成分はパラフェニレンジアミン

質問箱

あさイチでヘアカラーのアレルギーが特集されました

ヘアカラーって使い続けると、アレルギー反応が起こる人が出てきます。ご存知だったでしょうか。

10月27日のNHKの『あさイチ』で特集が放送されたんです。このアレルギーによる皮膚障害が、この5年間に1008件が報告されており、そのうちの166件が重症となっています。

 

ヘアカラーのアレルギー成分はパラフェニレンジアミン

ヘアカラーを使用する時に、気を付けなくてはならない成分が、

パラフェニレンジアミン

なんです。

どうしても、この成分が入ったヘアカラーは使わない方が安全です。

欧州では発がん物質として使用が禁止をされている成分です。

その他の成分では、メタアミノフェノールパラアミノフェノールトルエン-2 5-ジアミン

がアレルギーを誘発します。

 

パラフェニレンジアミンを使い続けた人はどんな症状が出るの?

アレルギー反応には、二つの反応があります。使用直後にすぐでる反応時間がたってでる症状があります。

美容院で染めた数時間後に、

・髪の生え際や頭皮、顔がかぶれる

・目が腫れて目が開かない。

・首に湿疹ができる。

・髪がごぞっと抜けた。

そんなケースが出ています。

 

1

 

 

ヘアカラーの危険な思い込み

治ればまた使えるの?

酸化染料を配合のヘアカラーで、一度アレルギー症状が出てしまったら、もう二度と、酸化染料を配合のヘアカラーは使えません。どうしても髪に色を入れたい場合は、ヘアマニキュアなどを使ってください。
 

製品を変えれば大丈夫?

同じ種類のヘアカラーは、メーカーを変えても使えません。ヘアカラーにかぶれた方は、以後いかなるヘアカラー(酸化染毛剤)もご使用になれません。
ヘアカラーによるアレルギーがでた場合、その原因のほとんどが酸化染料なんです。この酸化染料は、同じタイプのヘアカラーリング製品に全て配合されています。

たとえヘアサロン・理美容院で施術してもらうのでもNGです。

 

パッチテストは一度でOK???

ヘアカラーの説明書にも書いてありますが、毎回パッチテストの必要があります。48時間前にはパッチテストをする習慣をつけましょう。
 
 

ヘアカラーは体調の悪い時には使わないでね!

女性の体調は時期によっても変わりやすいです。

花粉症、生理、更年期iなどの不安定な時期はアレルギー症状が出やすくなります。一生ヘアカラーが使えなくなることを避けるためには、肌のコンディションの良いに使用をしてください
 
アレルギー体質だと何が原因となって、ヘアカラーでかぶれなどの症状が出るのか原因がつかめないこともあります。
 
ヘアカラーが原因なのか?

香料が原因なのか?

添加物が原因なのか?

 

アレルギーを重症化させないためにも、お肌の状態の良い時にヘアカラー製品は使用することをおススメします。
 
 
 
サスティの[無添加]利尻白髪かくし/初回限定1000円OFF

 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました