インフルエンザの予防接種はいつがいい?

冬のインフルエンザ対策

秋から冬にかけてインフルエンザが流行します。我が家ではよく春先にインフルエンザに罹ってしまうことが多いのですが、インフルエンザの予防接種っていつ頃受けたらいいのでしょうか
スポンサーリンク



スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種はいつ頃効果を発揮するの?

 

インフルエンザの予防接種は、受けてから効果が出るまでに2週間かかります。なので、あまり遅くに接種すると流行したときに間に合ない場合があります。家族にお子様がいる、受験生がいる、インフルエンザに罹ってしまっても休めない職場にいる・・・。そんな諸々の事情を抱えているのなら、計画的に予防接種をする必要があります。

 

%e3%81%8f%e3%81%be%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab

 

インフルエンザワクチンの接種量及び接種回数

 

インフルエンザの予防接種は年齢によって変わってきます。だいたい子供は2回受けます。

乳児ですと量も少なくなります。

 

・6カ月以上3歳未満の方  1回0.25mL 2回接種
・3歳以上13歳未満の方   1回0.5mL 2回接種

・13歳以上の方                1回0.5mL 1回接種

 

となっています。

なんで子供はインフルエンザの予防接種を2回受けないといけないの?

 

小さい子の場合は、1回だけだと十分な免疫を作ることが出来ないといわれています。

重症化を防ぐ意味でも2回の接種が効果的です。

 

 

ですが、1歳未満のお子様はインフルエンザの予防接種はすすめられていません

 

インフルエンザの予防接種を受けても、免疫があまりつかないといわれているからです。

生まれた時期や、周りの環境を医師に相談をしてからインフルエンザの接種時期を決めたください。

 

インフエンザが流行している時には、人ごみの多いところには小さいお子様を連れて行かないほうが良いでしょう。

室内を加湿する、睡眠を多くとり健康に気を付ける。十分な栄養のある食事を摂るなどの工夫をしながら、インフルエンザの時期を乗り切りましょう。

 

では、インフルエンザの予防接種はいつ受ければいいのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

インフルエンザの接種時期

子供の場合は、インフルエンザの予防接種を2回受ける必要があります。受験生の場合も2回受けられる人もいます。

それを考えると、

インフルエンザの予防接種は、1回目と2回目の間隔は4週間あけることになっています。

 

2回接種すると、予防接種の効果が高まります。多くの小児科では、毎年10月前半から予防接種を開始するところが多いようです。

だから、12歳以下のお子さんがいる家庭では、1回目の予防接種を受けるのは、10月の開始時期~10月の後半までには受けられたほうが良いと言えます。

 

 

インフルエンザワクチンの効果はどれくらい続くの?

 

インフルエンザはだいたい、12月~3月頃に流行します。そしてその流行のピークは1月~2月です。

迎えます。

季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの研究から、ワクチンの予防効果が期待できるのは、接種した(13歳未満の場合は2回接種した)2週後から5か月程度までと考えられています。
また、インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造されています。このため、インフルエンザの予防に充分な免疫を保つためには毎年インフルエンザワクチンの接種を受けた方がよい、と考えられます。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種はいつ頃効果を発揮するの?

 

インフルエンザワクチンの接種時期のまとめ

 

インフルエンザの予防接種は毎年受けましょう。それは、インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスによって製造が変わってきるからなのです。それに自分が感染してしまうと、抵抗の少ない乳幼児や高齢者を危険にさらしてしまいます。

ワクチン接種は、その効果が現れるまでに、2週間かかります。なので、2回受ける必要のある子供は、10月からの接種が望ましいです。そして、大人は11月に接種したいものですが、少なくとも毎年12月中旬までにはワクチン接種を終えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました