着物買い取り無料査定してもらいました

質問箱

先日、成人式の振袖を購入したので我が家の着物タンスはパンパンになってしまいました。そこで、着物買い取りの無料査定に申し込んでみました。

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

未使用の反物が5反出てきました

ウールの反物だったので売れないかもしれないとは思いつつ、高級って書いてあるし、もしかしたら♪なんて。
ちょっとお値段が付いちゃうかも♪と少し浮かれながら電話を掛けてみました。

 

電話対応の女性は感じのよい方で、すぐに日時が決まります。

着物の点数や種類を答えたあと、

草履やバックなどの小物類もありますか?

と聞かれます。

身分証の提示が必要になることを案内され、

「宝石、貴金属やブランド品などもございますか?」

と切手、テレフォンカード、毛皮なども取り扱っているので宜しくお願いしますと言われ、電話が終了します。

 

少しワクワクしながら訪問日を迎えます。

当日、何故か、

「かなり早いのですがこれからお伺いしても宜しいでしょうか」

と2時間早い訪問を打診され、

「大丈夫ですよ」

 

と、駐車場を確保して待っていました。

到着後、

「ここに車を止めてくださいね」

と伝えた後、家に招きました。

 

査定開始です

 

そしたら、反物たちを一瞥し、

 

着物を人差し指で2回、段々と上にめくり、1分ほどで査定終了です。

「買えるものはありません」

「・・・」

 

 

「蝶の柄、需要がありません」

「少なくともその訪問着は購入してから3年以内に売却しないと売れません」

「では」

と、唖然としたままの私を残して去っていきました。

新品の草履とバックのセットは蓋も開けませんでした。

 

急いでいたのでしょうか。

我が家には金目のものは無いと判断されたようでした。

スポンサーリンク



 

半物の数え方

 

・反物は一反(いったん)、一本(いっぽん)、一匹(いっぴき)と数えます。

・一反で大人の着物が作れます。

・織物です。

 

スポンサーリンク

懲りずにもう一軒査定してもらうことにしまいた。

 

前回の動揺がまだ残っていたのですが、

もしかしたら、査定員が具合が悪くて早く帰りたかったからでは。

急用があったのかも。なんて考えてみました。

 

会社が東京で、東京から来ている人のようでした。

わざわざすみません。と電話対応の人に尋ねたら、

近所に査定に伺う予定になっているので大丈夫ですよ。

と言われていました。

 

と、そんなことを振り返りつつ、新しいところにフリーダイヤルします。

 

スポンサーリンク

違う名前なのに会社が一緒だった

 

懲りずにもう一軒、フリーダイヤルしました。

で、予約を取りました。

ですが、こちらの都合でキャンセルしました。

 

なので、気恥ずかしさから、

別の会社に再び電話しました。

「この間キャンセルされた○○様ですよね。」

「はい。同じ会社だったんですか?」

「はい。同じ会社です」

「・・・先日はすみませんでした」

と思わずあやまりました。

そして、無事予約が終了し、後日確認のCメールが入りました。

そしたら、ネットでも何回か検索した別の会社名でCメールが届きました。

 

着物買い取り業界恐るべしです。

いくつも名前が違う会社なのに同系列?ってことなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

再び査定員がやって来ました

今度は、感じの良い青年が来ました。

コインパーキングを探して停めて来てくれました。

さすがです。

 

名刺を頂き(最初の方も名刺はくれました)、パンフレットで一通りの説明を受け、査定に入ります。

後日、今回の査定の様子を聞くために連絡が入ることも聞かされます。

 

査定開始です。

 

値段の付きそうな着物の写真を撮って卸さんに連絡します。

そして、5件でしたか?の中から一番高いものの値段が付けられるそうです。

・・・待つこと20分(10分くらいとはおっしゃっていましたが、他の話をしていたので)

 

査定の結果は、残念な結果に終わりました。

他の貴金属やダイヤモンドなどがあれば、20%査定価格が上がるそうです。

査定価格は最後にお知らせしますね。

 

 

今回の査定の結果、何も売らないことを決めました。

ですが、こんな着物なら売れるんだなーと勉強にはなったと思います。

今は優れものの着物キーパーがあるのでそれでタンスに入らなくなった着物は保管することにします。

 

 

スポンサーリンク

優れものの着物保管袋があるんです

 

この着物キーパーは、

・面倒な虫干しが不要なんです。

・防虫剤が不要なので、手間とコストが削減できます。

・湿気、カビ、害虫から着物を守ります。

・着物の変色を防ぎます。

 

 

通気性の悪い密閉式のプラスチック製の衣装ケースに入れても安心なんです。

無防備に放っておいても大丈夫なんです^^

 

機能性フイルム『プロガード』製なので、

・保護フイルム

・ガスバリアフィルム

・抗菌性・抗酸化剤含有フィルム

の三層からできています。

だから、

 

カビ菌が増殖しません。

 

二枚の布に黒こうじカビ溶液を塗布し、一方を「きものキーパー」に入れ、もう一方をそのまま放置。2か月後、そのまま放置した布はカビの発生が見られましたが、「きものキーパー」に入れた布にはカビの発生は認められませんでした。

実験:株式会社分析センター

 

虫害を防ぎます。

 

和服の代用的な害虫ヒメカツオブシムシを、羊毛と共に「きものキーパー」と市販のポリエチレン袋に入れて密封しました。「きものキーパー」の羊毛布では、3~4日後にはすでに害虫が死んでいることが観察され、虫食いの痕ほと跡がほとんど見当たりませんでした。ポリエチレン袋のほうは、14日後も生存率が高く、中に羽化している個体も観察されました。

実験:日本環境衛星センター

 

 

酸素をほどんど通しません。

「きものキーパー」と市販のポリエチレン袋の中に脱酸素剤を25個入れて重量を測定し、袋剤の酸素透過性を比較しました。市販のポリエチレン袋は1日80㎎の酸素を透過していたのに対し、「きものキーパー」は酸素をほとんど透過していませんでした。

実験:株式会社分析センター

 

水分をほとんど通しません。

 

「きものキーパー」と市販のポリエチレン袋の中に乾燥材(シリカゲル)を10個入れて水分量を測定。市販のポリエチレン袋は1日100㎎の水分を透過しましたが、「きものキーパー」では水分の透過がほとんどみられませんでした。万が一の水害時にも、大切な着物を水漏れ、湿気から守ります。

実験:株式会社分析センター

 

 

 

 

あまりにも着物の値段が付かないと、そのまま持っていようかなぁ~っていう気持ちになりますね。

 

スポンサーリンク

着物の査定が高くなるもの

・有名作家さんの作品

・新品

・伝統工芸品

・証紙の付いているもの

・丈や裄が十分にあるもの

 

査定さんが教えてくれたのは、地味目の着物に需要があるようです。

みなさん、地味な着物はいつまでも着られるのでなかなか手放そうとはされないようです。なので、派手目な着物がそこの会社では、たくさん溜まってきてしまっている状態だそうです。

柄にも流行があるので、査定員さんに聞いてみないとわかりませんね。

 

 

スポンサーリンク

着物の買い取りのまとめ

 

着物になんの愛着もなく、持っていても仕方がないという人なら、着物の買取をされても良いかと思います。

あとは、サイズの合わない着物とか、自分の好みとは違う着物をお持ちの方です。ですが、若い時に買って気に入っていた着物の場合は、二束三文になってしまう場合があるので、収納スペースがあるのなら、そのままお持ちになっていても良いのではないでしょうか。一度、電話で相談されてもいいですね。

 

査定の結果

訪問着(30年前に購入した90万円のもの、シミなし) 1000円
仕立て前の金箔の帯(丸昌で購入したもの)     100円
未使用の草履とバック              各?100円

そう来たかーという感じでした。

 

名古屋帯、小紋、濃いピンクの色無地、ウールの反物、男性の浴衣生地(木綿)1反、新品女性浴衣には値段が付きませんでした。

状態は良かったのですが・・・派手だったからかな?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました