2017年花粉症治療薬アレグラFXが買いやすくなりました。

花粉症対策

今まで、薬剤師のいる薬局でしか買えなかったアレグラFXが買いやすくなりました。登録販売者がいれば買えるので薬剤師の説明などの手間がかからなくなります。2017年はスギ花粉の飛散量が2016年に比べて多くなる地域もあると予想されているので買いやすくなるのは嬉しいですね。
 
スポンサーリンク




 

スポンサーリンク

アレグラFXが第一類医薬品から第二類医薬品へ

 

アレグラは病院でもらえる薬ですが、処方箋がなくても薬局で買えます。今までは、”第一類医薬品” だったので薬剤師さんがいる時間帯にしか買うことが出来ませんでした。そのアレグラFXが、第二類医薬品となったのでより求めやすくなりました。

 

アレグラFXは今まで”第一類医薬品”だったのでこんなに買うのに手間が掛かりました。

第一類医薬品を販売できるのは、薬剤師の常駐する店舗販売業や薬局のみです。

薬剤師が、情報提供を購入者に積極的に説明する義務があります。

※全ての製品において、広告では「この医薬品は、薬剤師から説明を受け、使用上の注意をよく読んでお使いください」と表示されます(ただし、第一類医薬品の風邪薬・解熱鎮痛薬においては表示内容が一部異なります)。

・店舗販売業において薬剤師が不在になった場合は販売できません

・薬局では薬剤師が不在となった場合は、店舗自体を閉める必要がります。

・第一類医薬品は薬剤師による情報提供が必要です。

 

眠くなりずらい花粉症治療薬です。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

2017年のスギ花粉の飛散量予想

 
西日本平年に比べると多いと予想されています。2016年の春に比べますと2倍に及ぶ地域もあるようです。これは2016年7月の雨量が少ないことが原因とされています。

 

東日本では、平年並みか、やや少ない地域もあります。

前年の花粉飛散量が多かった地域少なくなると予想されています。

 
スポンサーリンク




 

スポンサーリンク

早めに花粉治療薬を飲みましょう

製薬会社でも早めの対策を勧めています。

アレグラFX

花粉が本格的に飛び始める前の症状が軽いうちに、早め早めのうちに花粉治療薬を飲んでおけば、鼻炎症状などの症状がひどくなる前に和らげてくれます

花粉飛散予想日になったら花粉治療薬の出番です。
ちょっと鼻がムズムズしてきたら、病院に行かれるか、市販のアレグラFXなどの花粉治療薬を飲みましょう。

 

 

スポンサーリンク

アレグラFXが買い求めやすくなりました!のまとめ

 

どの花粉治療薬が自分に合っているのか、御存知の方は花粉治療薬が買いやすくなってうれしいですね。ですが、どの花粉治療薬を選ぶのか迷われる方は、薬局にいる登録販売者や薬剤師に気軽に相談すると良いかと思われます。飲み始める時期や花粉治療薬の選び方、生活に合わせた飲むタイミングなどを相談して、専門の知識を活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました