『小説家になろう』今回はVRMMOのお話

質問箱

そういえば、「小説家になろう」ではとても人気のジャンルらしい、”VRMMO” ってなんでしょうか?この言葉は、共通語なのか、限られた言葉なのか気になりますね。
スポンサーリンク



VRMMOってなんだろう?

 

 

VRMMOは仮想現実大規模多人数オンライン(Virtual Reality Massively Multiplayer Online)の略称です。

バーチャルリアリティマッシブリーマルチプレイヤーオンライン

VRMMOは主にWeb小説の中でのジャンルのひとつとなっています。

VRMMOは現在の世界では行われていません。

 

 

今回も記事を書いてもらいました。

↓↓↓

 

さて、前回は異世界転生ものが多いという話をした。

説明が難しくなるので割愛してしまったがVRMMOというジャンルもなろうでは異世界転生と並んで最大派閥の人気ジャンルとなっている。

これは一般人にどういうジャンルなのか説明するのが難しい。ソードアートオンライン(※なろう系ではないが、なろうの祖みたいな作品だと思われる)を読んだことがある、という人ならわかりやすいのだが読んでたらVRMMOというだけで「ああ、SAOね!」となるのだが。

 

もはや近年では、現代技術では成しえない、未来の技術ではなくなって来ているのだが、やはりVRMMOというのは空想科学の一種だろう。簡単に言えばゲームの一種なのだ。MMOというのは大規模多人数型オンラインゲームの略であり、それ自体はもう誰しもがPCやスマホでやったことのあるゲームからでも想像がつくものだ。しかしそこに現代にはないVR、つまりヴァーチャルリアリティが付く。現実ではない、仮想世界を自らの五感で体感し、仮想の自機を動かすというものだが、ほぼ現実世界に近いレベルの仮想世界と自分のプレイヤーキャラクターを動かすというのが小説のパターンだ。

 

まぁこれも言ってみれば異世界もののようなところもある。電脳の異世界で、ゲームとはいえほぼ現実のような世界で遊ぶのだ。

 

VRMMO自体の簡単な概要は以上で済ませるとして、次に小説内でのVRMMOについてだ。もう説明が難しいので手っ取り早いのは実際にそのジャンルのものを読んでもらうのがいいんだけど…。

 

大抵の場合、このワクワク未来技術のゲームが、遊びではなくリアルに変わる。現実世界に帰ってこれなくなったり、今までは現実と言えるレベルの画素数や互換レベルじゃなかったのに完全に現実と同じ体感になったりNPCが本当に自分で考えて行動するようになったり(AI?)、ゲームの中の事件が現実の世界に影響を与えるなどだ。

 

そしてやはり、「俺TUEEE!」だ。このVRMMOというジャンル、たぶんほとんどがVRMMORPGというジャンルで、つまり自らのキャラクターのレベリングによる強化が可能なのだ。そして強力なスキルの取得、ステータスの強化などで、ほぼ現実と同じ空間で性能のゴリ推しをするのである。もちろんプレイヤースキルが強力な場合もある。といかほとんどだ。

 

↑↑↑

記事はここまで
スポンサーリンク




「小説家になろう」公式HPはこちら

小説家になろう - みんなのための小説投稿サイト
日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」。作品数40万以上、登録者数80万人以上、小説閲覧数月間11億PV以上。パソコン・スマートフォン・フィーチャーフォンのどれでも使えて完全無料!

 

スポンサーリンク

「小説家になろう」今回はVRMMOのお話のまとめ

 

ヴァーチャルリアリティマッシブリーマルチプレイヤーオンラインの単語を一つ一つ分解してみると分かりやすい感じになるのかも知れませんね。ソードアートオンラインのアニメを見るなり、読むなりするとしっくりくるかと思います。massively「どっりしと」「大規模に」という意味です。

 

「小説家になろう」って何なの?って聞いたら友達が教えてくれました。
なんか面白い本あるって聞いてみたら、「なろう」を教えてもらいました。で、どんなサイトなのって突っ込んで訪ねてみました。な...
【小説家になろう】どの作品を読めばいいの?
なろうのどの作品を読めばいいの?と迷うあなたは、ランキングという項目から人気がありそうなものや、またおすすめを紹介してる...

コメント

タイトルとURLをコピーしました