1月21日はライバルが手を結ぶ日まるでハリーポッターと呪いの子みたい

質問箱

坂本竜馬って本当にすごいですよね。誰もが思いもつかないことをやってのけ、それで有頂天になったりしないんですから。まったく大きな人です。毎年、 ”1月21日はライバルが手を結ぶ日” です。ライバルだった薩摩藩と長州藩が手を結びます。そして、ハリーポッターと呪いの子の中でも、かつてのライバルだったあの二人の息子達が友達になります。
 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク

ライバルが手を結ぶ日とは

 

1866(慶応2)年の1月21日。この日、日本では歴史に残る重要なことが起きました。180度の転機が訪れたのです。1月21日は、長州藩の木戸孝允、薩摩藩の西郷隆盛達が、土佐藩出身の坂本竜馬の仲介で薩長同盟を結んだ日なのです。

仲の悪かったこの二つの藩が手を結ぶことは、本来なら、あり得ないことだったのです。それを強行したのが坂本竜馬流石です。

 

薩摩藩と長州藩は、幕末に敵対していました。

薩摩藩は、公武合体、幕府の開国路線などの幕政改革推進していました。

一方
長州藩は、破約攘夷論を奉じて反幕的姿勢を強めていました。

こんな両藩が手を取り合ったのです。
薩摩藩と長州藩は、戦火にまみれ、お互いに多くの同胞を戦争で亡くし、憎しみ合ってきました。
ですが、両藩は、手を結ばなくては、生き残れない状況に追い込まれていきます。

そこで、日本の未来のために坂本竜馬が両藩の間に立ち奮闘します。

このことが、結果的に外国からの脅威から日本を救っていくのです。

 

スポンサーリンク

ライバルが手を結ぶ日・ハリーポッターと呪いの子

 

実は、ハリーポッターの世界でも、常に転機が起きています。

 

新しい物語では、

有名な父を持つ子の苦労が描かれています。

ライバルだったハリードラコも最後の最後には助け合ってきました。

そして、時は流れ、ハリーポッターも37歳になりました。

今では3人の子供たちのお父さんです。

ここで、

ハリーとドラコの息子たちは出会います。

 

 

 

スポンサーリンク

ライバルだったドラコとハリーの息子達が友達に

 

ハリーポッターの息子は、アルバス

 

ドラコ・マルフォイの息子は、スコーピウス

 

この二人は友達になります。

 

すごく素敵な二人を、応援したくなります。

 

マルフォイの息子・スコーピウスには、「闇の帝王」の息子なのではないかという疑惑があります。

だから、みんなに嫌われています。

 

ハリーポッターの息子・アルバスは、組み分け帽子によって、「スリザリン」に入ります。

そしてあまり魔法が上手くない、アルバスは、だんだん失望していきます。
 

 

君はアルバス・ポッターで、彼女はローズ・グレンジャー‐ウィーズリー。そして、僕は、スコーピウス・マルフォイ。僕の両親はアストリアとドラコ・マルフォイ。僕らの親同士は――相性が悪かった。

ハリーポッターと呪いの子 p.20より

 

アルバスとスコーピウスの友情がいつまでも続きますように。
 
スポンサーリンク



 

ハリーポッターと呪いの子は脚本です

 

この本は、スペシャル リハーサル エディション スクリプトです。

もう少し待つと愛蔵版が出るようです。それまでのお楽しみにちょっとのぞいてみるのもいいですね。

それぞれの父と息子の苦悩が描かれています。

 

スポンサーリンク

ライバルが手を結ぶ日のまとめ

 

1月21日はライバルが手を結ぶ日です。究極のライバルってものすごく仲良くなれるのです。人生って面白いですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました