香典はいくら包めばいいの?金額の相場とマナー

質問箱

通夜やお葬式には、不祝儀袋(ふしゅうぎ)に現金を治めた「香典(こうでん)」を持参します。香典にいくら包むかは、故人との関係やつき合いの深さによって決まってきます。では、香典はいったいいくら包めばよいのでしょうか。
 



 

スポンサーリンク

いくら包めばいいの?香典の金額の相場

 

訃報の知らせを受けたら、通夜または葬儀のいずれかに香典を持参します。

香典にいくら包めばいいのでしょうか、なかには、私はすべて「1万円」にしている・・・という方の話を聞いたことがありますが、大体の相場はあるようです。

 

香典のめやす

両親の場合 : 3~10万円

兄弟・姉妹 : 3~5万円

親戚    : 1~3万円

会社関係者 : 3000~1万円

友人・知人 : 5000~1万円

隣・近所  : 3000~1万円

 

その他の香典

 
仲人が亡くなられた際 10000円~
勤務先の上司が亡くなられた際 5000円~
勤務先の上司の家族が亡くなられた際 3000円~
勤務先の社員や同僚が亡くなられた際 5000円~
勤務先の社員や同僚の家族が亡くなられた際 3000円~

 

という相場になっています。

 

迷ったときには多めに香典は包む

 

迷ったときには、あとで後悔しないためにも、多めに包んだ方がよいとされています。

同じ立場の人と相談して、金額を決めても良いでしょう。

周囲とあわせて金額を同じにするケースが一般的です。

 



 

スポンサーリンク

お香典のマナー

 

薄墨を使って名前を書くのがマナーという地域がありますが、これは通夜と葬儀式の場合のみ使えます。

”悲しみの涙で薄まってしまった”

という意味が含まれているとも言われています。

 

他の法事の際の表書きには使いません。

 

筆や筆ペンで名前は書きますが、

中袋の住所や金額などは無理をせずにボールペン等で書いてもマナー違反にはなりません。

 

香典の金額は「4・9」は避けます

香典の金額には、4と9のつく額は避けた方が良いでしょう。

 

香典の金額は旧漢字で書きます

 

「一」→「壱」

「二」→「弐」

「三」→「参」

「五」→「伍」

「十」→「拾」

「千」→「阡」「仟」

「万」→「萬」

「円」→「圓」

 

スポンサーリンク

不祝儀袋の表書きは宗教で異なります

 
宗教によって不祝儀袋の表書きが変わります。訃報を聞いた時には、宗教も訊ねます。

 

仏式

 
蓮の花が描かれている袋は仏式専用です。のしはつけません。

御霊前 : 四十九日の忌明け前に使います。浄土真宗以外の宗派で使います。

御仏前 : 四十九日の忌明け以降の表書きです。「御仏前」「御佛前」とも書きます。浄土真宗では、死後すぐに仏になるという考えから、通夜葬儀式からこの表書きを用います。

 

キリスト教式

白無地袋または、十字架や百合の花が印刷されている袋を使います。のしはつけません。

 

御ミサ料 : カトリック式の葬儀に用います。

忌慰料  : プロテスタント式の葬儀に用います。

お花料  : キリスト教ならどの宗派でも使えます。

※ ご霊前はキリスト教式でもOKです。

※水引は不要です。ですが、黒白や双銀の水引で、蓮が印刷されていない袋は、宗教を問わずに使えます。

 

神式

 

玉串料 : 最も一般的な表書きです。神式では、玉串奉奠(たまぐしほうてん)をするので、その玉串代という意味です。

御榊料 : 玉串は榊(さかき)で作るため、玉串料と同様の意味が込められています。

御神饌料 : 神に供える飲食代にという意味です。

※ご霊前も使えます。

 

スポンサーリンク

香典はいくら包めばいいの?金額の相場とマナーのまとめ

 

香典は急な訃報で、葬儀費用などにまわしてください。という意味合いのものです。

 

受付で、「このたびはご愁傷様です」などお悔やみの言葉を述べてから丁寧に差し出します。

ふくさからご祝儀袋を取り出した後、畳んだふくさの上にご祝儀袋を乗せて差し出すようにすると丁寧です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました