インフルエンザ 症状・風邪との相違点

冬のインフルエンザ対策

インフルエンザ症状と風邪との違いって?

インフルエンザと風邪とは症状が似ているようです。ただし全般的にはインフルエンザの症状の方が強い症状が出やすいです。

インフルエンザの方が急激に熱が上がります。半日で40℃に達してしまうこともあるんです。

 

インフルエンザと風邪との違いは?

 

風邪

様々なウイルスによって起こります。

のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心です。

・全身症状はあまり見られません。

・発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

 

インフルエンザ

インフルエンザウイルスです。

・38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます

・風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状もでます。

脳症や肺炎などの「重症化」を起こすこともあります。

 

4

 

インフエンザの特徴

インフルエンザの原因は「インフルエンザウイルス」です。インフルエンザウイルスには3種類のウイルスがあります。

 

A型

・ウイルスが変異しやすい特徴があります。

・沢山のタイプが存在します。

・毎年少しずつ変化をしています。

・世界中で季節性の流行をもたらしています。

B型

・A型に比べますとウイルスが変異しにくいです。

・ウイルスが変異しにくいから数が限られています。

・A型よりは流行しにくい傾向にあります。

・A型よりもやや症状が軽いと言われています。

 

C型

・ちょっと違うタイプのインフルエンザウイルスです。

・症状は軽いと言われています。

・大きく流行しないです。

・ワクチンの中には入っていないです。

C型インフルエンザだけは、問題がないといわれているために、ワクチンの対象外になっています。そのためにC型インフルエンザウイルスの認知度は低いです。

 

インフルエンザワクチンについて

 

インフルエンザは毎年流行します。インフルエンザワクチンは毎年接種したほうが良いのか?この時期になると悩むところです。

ですが、病原体のウイルスは少しずつ変化をしていくことが多いので、ワクチンの内容も毎年違うものになっています。

対抗策が毎年違うのです

なので、インフルエンザの予防接種は毎年受けた方がいいと言われています。

 

インフルエンザワクチンを受けた方が良い、もう一つの理由としては、

ワクチンの予防効果が5カ月程度となっているからです。

インフルエンザワクチンを接種してから2週間後から効果を発します。そして、半年しないうちに効果が切れてしまうのです。効果のある期間は「重症化」が避けられますので、入院をするなどの予期せぬ事態を防ぐことができるのです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました