映画情報アメリカ人も号泣【向日葵の丘】監督 太田隆文

家で見るおススメ映画

向日葵の丘という映画を観てきました!

横浜のジャック&ベティという映画館で。

水曜日はレディースデイで1000円、この「向日葵の丘」はP.M.3:30から一度だけの上映でした。

 

 

20151014_133844[1]

ここの映画館は『まめや本店』さんと提携をしていまして、映画の半券を持っていけば5%オフでコーヒーやケーキが楽しめます。

 

このセットは920円この情報を知らなかったので、5%オフにならずでした(+_+)

ですが、すごく美味しかったですよ!!珈琲も丁寧に淹れてあるなぁ~って感じで疲れが吹き飛びました。

 

 

この映画、いまから30年前の懐かしさ、満載のお話なんです。

 

ちょっと、観に行った映画館(横浜のジャック&ベティ)が、30年前の雰囲気にぴったりで、ちょっとノスタルジックになりましたよー

 

3

 

 

「向日葵の丘」で常盤貴子さんがLAの映画祭で主演女優賞

 

常盤貴子主演です。田中美里、藤田朋子との友情の物語。

この映画で常盤貴子さんは、

「向日葵の丘」で常盤貴子さんがLAの映画祭でOutstanding Artistic Performance賞

 

「向日葵の丘」の常盤貴子さんがLAの映画祭でOutstanding Artistic Performance賞: 「向日葵の丘 1983年・夏」監督日記
(速報)LAで開催されたJFFLA2015(ジャパン・フィルム・フェスティバル・LA)で 「向日葵の丘」の常盤貴子さんがOutstanding Artistic Performance賞に選ばれた! 凄い!  常盤さんに代わって監督の私、太田がトロフィーを預かった!  ありがとうございました。

 

 

しました!!

おめでとうございます\(^o^)/

 

なので、

アメリカ人も号泣の映画って言われています。

 

【向日葵の丘 1983年・夏 (2014) 】監督さんは太田隆文さんです。

けっこうすごい監督さんなんですね。

 

映画では、

【ホラ! 天使がやって来た!】(どりいむ・めいかあFILM、1982年) 監督、脚本
【バイバイ・ミルキー・ウェイ】(1983年)監督、脚本
【ストロベリーフィールズ】 (製作委員会、2006年) 監督、脚本、編集、製作
【青い青い空】(製作委員会、2010年) 監督、脚本、編集、製作
【朝日のあたる家】(2013年) 監督、脚本、編集、製作
【向日葵の丘・1983年夏】(2015年)監督、脚本、編集、製作

なんて大活躍ではないですか!

最近、映画から遠ざかっていたので、すみません!とても素晴らしい監督さんなんですね!

 

この映画、泣かされます!!

 

ハンカチ必須で観に行ってくださいね。

 

・・・でどんな話なのかといいますと、

 

 

でも、言ってしまうと観てのお楽しみがないですよね。

 

 

なので、

 

映画の紹介から抜粋します。

 

1983年のお話なんです。

高校の教室では松田聖子や中森明菜の話題で持ちきりの時代なんです。

アイドルの番組が結構ありました。

教室ではみんなアイドルの歌を歌っていた・・・そんな時代です。

マイケル・ジャクソンの「スリラー」

「フラッシュダンス」

とか。

 

富士山の麓、お茶の産地の田舎町に暮らす。

 

映画で友情を深めていく女子高生3人組のお話です。

 

映画館を中心に映画を愛する人たちが集まります。

映画好きにはたまらない作品だと思います。

 

「ヒッチコック」

懐かしいです。

 

1

 

校時代の3人がまた可愛い♡

 

芳根京子、藤井武美、百川晴香が演じてます。

芳根京子さんは『探偵の探偵』『先輩と彼女』で注目されていますね♪

 

バブルがあったり、激動の30年だったのですね~

 

大切なものって何?

みたいな人生を問うようなお話なんですが、

 

心をくすぐるようなものもあったり、

 

残念なこと。

 

悔しいことを乗り越えて、何を感じるか?何が必要だったのか?

本当に大切なものって何だろう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました