インフルエンザと新型インフルエンザの違いとは?

冬のインフルエンザ対策

インフルエンザと新型インフルエンザって何が違うの?

 

毎年、このインフルエンザの予防接種のお知らせがくると、春まで続く、インフルエンザの流行の期間を無事に過ごせることを祈らずにはいられません。

テレビなどで、新型インフルエンザという言葉を聞いたことのある人も多いかと思いますが、普通のインフルエンザ新型インフルエンザはどう違うのでしょうか?

 

インフルエンザと新型のインフルエンザとの違い

A型のインフルエンザは、その原因となるインフルエンザウイルスの抗原性(抗原となる物質が抗体を特異的に認識して結合する性質)が小さく変化しながら毎年世界中のヒトの間で流行しています。
これを季節性インフルエンザと呼んでいます。

 

そして、人々の間に免疫がない、大きく変化をしたインフルエンザが新型インフルエンザです。

抗原性(こうげん‐せい)が大きく異なったインフエンザのことを新型インフルエンザといいます。

 

突然に発生をした、この抗原性が大きく異なったインフルエンザウイルスが、

多くの国民が免疫を獲得していないために、全国的に急速にまん延することによって、
国民の健康と生命、生活に、場合によっては医療体制を含めた社会機能や経済活動にまで影響を及ぼす可能性があるものを新型インフルエンザと呼んでいます。

 

11

 

 

新型インフルエンザは、

・大正7(1918)年(スペインインフルエンザ)
・昭和32(1957)年(アジアインフルエンザ)
・昭和43(1968)年(香港インフルエンザ)
・平成21(2009)年(インフルエンザ(H1N1)2009)

に発生しました。

 

現在では、1968年の世界的に大流行した香港インフルエンザは、季節性インフルエンザの原因の1つであるために、平成23(2011)年4月からは、季節性インフルエンザとして取り扱われることになりました。

インフルエンザが世界に流行が拡がると、多くの国民が免疫を獲得していきます。そのために、新型インフルエンザも、季節的な流行を繰り返すようになってきています。

 

これからの新型インフルエンザウイルスの出方は予測できないものとなっています。

 

毎年のインフルエンザワクチンの接種と、

日頃からの充分な質の良い睡眠と、

栄養価の高い食事を心掛けて健康であることが、

各自の免疫力を高め、インフルエンザの予防にもつながっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました