ランニングのポイントを紹介します。正しいフォームって何?

ランニング

どうせランニングをするのなら正しいフォームで走りたいですよね。「ランニングの正しいフォームが知りたい!」人、必見のランニングのポイントを紹介します。

 




 

スポンサーリンク

ランニングのポイントを3つ紹介します

 

教科書通りの正しいフォームというものがあっても、身体の特徴は人それぞれに変わってきます。

無理に今のフォームを変えてしまうと故障の原因となることもあります。ではどうすればいいのでしょうか?

そのランニングフォームのポイントをお伝えします。

 

  1. 身体にあったフォームを見つける
  2. 効率的に身体を動かすフォームを見つける
  3. トップランナーたちのフォームの共通点を見つける。

 

スポンサーリンク

ランニングのポイント・身体にあったフォームになるために

 

普段のウォーキングなどの時にランニングのフォームを意識して歩きます。ランニングを始める前にはウォーキングから始めると有効的です。

 

走ることを意識して歩きます。

 

腕の振り方

 

正しいランニングフォームには腕振りがポイントになります。

動作の間隔を歩きながらでもつかんでおきましょう。

 

  • 両ひじを90度に曲げます。
  • 手は軽く握ります。

 

力を入れて、握りこぶしを作ってしまうと、肩に力が入ってしまいます。

拳は、軽く握ってください。

 

目線

 

どこをみて走るのか?ということも大事なポイントになります。

モチベーションアップにもつながるんです。

 

  • 目線は、5~6メートル先の地面をみるイメージ
  • 目線を下げ過ぎない
  • 目線を上げ過ぎない

 

目線を上げ過ぎてしまうと、あごが上がってしまいます。

重心も後ろにずれるので注意が必要です。

 

逆に目線を下げ過ぎてしまうと、地面ばかりが視界にはいり、滅入ってしまうこともあります。

 

目線は5~6メートル先を見るように意識しましょう。

 

姿勢

 

普段の生活から、ランニングを意識した姿勢をしてみましょう。

 

  • 背すじを伸ばして身体の中心軸を真っ直ぐに保ちます。
  • リラックスした状態で上半身を腰に載せます
  • 身体が上下左右にぶれないように気を付けます。

 

力を抜いた自然なフォームを意識します。

 

 

脚の動きは普段から、ランニングを意識して大きく動かしましょう。

 

無駄な動きをしないようにしましょう。

効率的に脚を運びましょう。

戦場に歩くようにしましょう。

自然と腰が入るようにしましょう。

大きく動かすしましょう。

 

無駄な動きをしないように脚を運ぶことを意識しましょう。

 

 

腰の回転が重要なポイントになります。脚の負担を軽くするためにも骨盤の回転を意識させましょう。

 

  • 腰の位置を高くします。
  • 一定の高さを保ちながら移動させましょう。
  • 腰を回転させるイメージを持ちましょう。
  • 骨盤を回転させ、腰を前に入れます。

 

準備体操をするときに、

その場で腰を左右にひねり、骨盤を回してみましょう。

そのときに、

同じ側の手足が一緒にならないようにひねります

 

スポンサーリンク

効率的なフォームを見つけるために

 

長い距離を走るためには、どうしても効率的なフォームが必要となってきます。

 

ランニングでは何で骨盤を回した方がいいの?

 

ランニングは脚だけで走ろうとすると、どうしても歩幅が狭くなってしまいます。

脚の負担も大きいものになってしまいます。

ですが、骨盤を回すことによって、

支点がお腹あたりになります。

 

脚を動かす支点がお腹になると、

  • 脚の負担が減ります。
  • 歩幅も広くなります。

 

脚だけで走ろうとすると支点が脚になるから、支点が低くなり歩幅も狭くなってしまうのです。

 

ランニングの上半身のポイント

 

力みのない自然な姿勢を保ちます。その時に前後左右にぶれないことが大事です。

 

  • 腕をしっかりと振っていきましょう。
  • リズムとバランスを安定させましょう。

 

ランニングの下半身のポイント

 

自分に合った理想のフォームを見つけていきましょう。

 

  • 腰の位置を高くしていきましょう。
  • 一定のリズムを保ちましょう。
  • 腰の下で脚を効率よく回転させるように意識しましょう。
  • 身体全体を使って脚を運びます。

 




 

スポンサーリンク

トップランナーたちのフォームの共通点とは

 

脚全体の筋肉を最大限に使っています。

それが、脚の負担の分散につながります。

腕の振りや腰の動きを連動させることでさらに脚の負担は減っていきます。

 

  • ももの大きな筋肉を使って脚を引き上げます。
  • 足の裏全体で地面を捉えて着地の衝撃を和らげます。
  • 後ろ足を早く引きつけます。
  • 脚軸の内側ラインと並行に最短距離の軌道で脚を運びます。

 

 

効率的な脚の運びにしましょう

 

わずかな動作のロスが命取り!

 

脚は常に軸足の内側のラインと並行に最短距離の軌道で回します。

 

出来るだけ無駄をなくしていきましょう。

 

後脚が残らないように

 

脚の引きつけが甘いのはNGです。

脚の回転スピードが落ちていきます。

全身の力が逃げてしまいます。

そして丁寧に着地します。

 

スポンサーリンク

ランニングのポイントを紹介します。正しいフォームって何?のまとめ

 

基本を押さえて、トップランナーたちから学びながら、自分にあった自然なフォームを身に付けていくことが、長距離を走ることや、ケガや故障をせずに長くランニングを楽しむことにつながっていきます。

自然な理想のフォームでランニングを楽しんでいきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました