おススメ本『歯科医が考案 毒出しうがい』実践してみた!

生活の知恵

一日3回、食後に「毒出しうがい」をするだけできれいな歯が手に入るとしたら何人の人が実践をするのでしょうか?『歯科医が考案 毒出しうがい』の著者の照山裕子氏が丁寧に教えてくれている動画を見つけましたので紹介します。

 




 

スポンサーリンク

『歯科医が考案 毒出しうがい』実践動画

 

歯学博士の照山裕子先生が実際にくちゅくちゅと「毒出しうがい」をしている動画を見つけました。

お口の中のばい菌は、糖尿病になるリスクを秘めています。

血管に入ったばい菌は、

  • インスリンの働きを低下させる
  • 歯周病に疾患している人は、糖尿病のリスクが罹っていない人に比べると2倍になる
  • 歯周病に疾患している人は、早産・低体重のリスクが7倍になる
  • 歯周病がアルツハイマー型認知症を悪化させる
  • 口の中のばい菌が気管支や肺に入ると肺炎を引き起こす可能性がある

そのような動物実験の結果や報告があるそうです。

上記のようなことは困りますよね。

歯磨きをきちんとしているつもりでも、歯垢は知らず知らずのうちに溜まってしまいます。定期的に歯科医で除去しないと歯周病に罹ってしまいます

一度、きちんと歯科医を受診してから、それを機会にして、”毒出しうがい”を始めてみませんか?

食後に「毒出しうがい」をすると、爽快な気分になりますよ!

 

それでは、「毒出しうがい」の説明をします。

上下左右、書く10回、クチュクチュします。

口が疲れるのは効いている証拠だそうです。

 

毒出しうがいの基本手順

 

①30mlくらいの水を口に含み、口を閉じます。

②口を閉じたまま、口に含んだ水を上の歯に向けて、クチュクチュとできるだけ大きな音をたてながら、強く速くぶつけます。10回ぶつけたら、水を吐き出します。

③同じように口に水を含み、その水を下の歯に向けて、②と同じように、強く速くぶつけます。10回ぶつけたら、水を吐き出します。

④同じように口に水を含み、その水を右の歯も向けて、②と同じように、強く速くぶつけます。10回ぶつけたら、水を吐き出します。

⑤同じように口に水を含み、その水を左の歯も向けて、②と同じように、強く速くぶつけます。10回ぶつけたら、水を吐き出します。

『歯科医が考案 毒出しうがい』歯学博士 照山裕子 著 P.18より

 

 

【肺炎予防・歯周病対策‼】ウイルスを洗い出す!『#毒出しうがい』のやり方 #歯科医 #照山裕子 先生

 

水の量は、多すぎても少なすぎてもダメで、30mlくらいが良いそうです。多すぎると口が動かせなくなるし、少なすぎると洗浄力が足りなくなるようですね!姿勢も大事なポイントです。

詳しくはこの本を読んでみてください。

↓↓↓

 

スポンサーリンク

「毒出しうがい」でここまで健康になるの目次

 
この章の目次を読んだだけでもこんなに効果があるのなら実践しなくては!と意欲的になれます。

 

  • 口内ばい菌が動脈硬化を引き起こす
  • 歯周病になると心臓発作のリスクが約3倍高くなる
  • 歯周病になると糖尿病にかかりやすくなる
  • 口の中のばい菌は腎臓を弱らせる
  • 早産、低体重児出産のリスクが減る
  • 口の中のばい菌は関節リウマチの一因
  • 歯周病はアルツハイマー型認知症を進行させる
  • 毒出しうがいで健康寿命が延びる
  • 高齢者死因1位肺炎の原因は口内ばい菌?
  • 口呼吸から鼻呼吸でインフルエンザが減る
  • 毒出しうがいで唾液量が増える
  • 口のまわりの筋肉が鍛えられて顔が若返る

 

なんと、「毒出しうがい」でほうれい線が薄くなるようです。口の周りの筋肉が鍛えられるので、小顔効果も期待できます!

美容効果もありますよね。

こんなに良い事があるよ~(^^♪と楽しんで「毒出しうがい」が出来そうです。

 




 

スポンサーリンク

おススメ本『歯科医が考案 毒出しうがい』のまとめ

 

この「毒出しうがい」を実践してみたところ、食後すぐにうがいをすると、かなり口の中がすっきりすることが分りました。ですが、定期的な歯科検診と毎日の歯磨きは必要です。

「毒出しうがい」の習慣が付いたので、歯の知覚過敏確実に減りました。そして色素沈着少なくなってきたような気がします。

そして、確実に歯垢が無くなりました。今までは食後30分は歯磨きをしないほうが良いと思っていたので、食後すぐには歯磨きをしませんでした。すると、ついついウトウトと寝てしまうのですよね。それが慌ててて起きて明日のために早く寝なくては!と焦って歯磨きをしてお風呂に入っていたので歯磨きがおろそかになっていました。それが食後すぐの毒出しうがいのお陰で歯の環境が良くなりました。眠ってしまう前に歯磨きができるようになったことが歯の健康を向上させました。どうぞ試してみてください。

 

Amazonのレビューを読むだけでも参考になります。

↓↓↓

 

まだまだこんなにある「毒出しうがい」の良い点!

毒出しうがい」をすると、口の周りの筋肉が鍛えられるので、噛む力が強くなるので、唾液量も増えます。

良いことずくめの「毒出しうがい」を是非実践してみてください。

こちらの記事も読んでみてください。

毒出しうがいを実践してみた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました