【公立小学校入学】娘の入学式体験レポート・準備編

質問箱

娘さんが公立小学校に入学されたお母さんの体験が面白かったのでエピソードを紹介させて頂きます。子供が初めて小学校に入学をする!って親子共にドキドキするものですよね。

———————————————————————————————————-

 

初めての小学校入学に心踊らされながら、娘以上に緊張で胸がいっぱいだったのは母である私です!娘はかなりの人見知りで、新しい環境に慣れるのがかなり時間のかかる子でした。

今回はそんな娘が学校生活をスムーズにスタート出来るようにあれこれ私が準備した入学式までの道のりレポートさせて頂きます。

 

スポンサーリンク

公立小学校準備/入学グッズにプチこだわりで娘のモチベーションアップ

 

私の娘は、幼稚園のお友だちに囲まれて地元の公立小学校へこの春入学しました。公立小学校だから、準備なんて大したことないと思っていたのですが、そうはいかなかったのです。

 

入学までに揃えなくてはいけない主なものは

 

学用品一式(学校で揃えて購入・個人で購入と2通り)

 

先走って可愛いものを買ってしまいました!失敗!

購入後に、今回の持ち物指定のプリント去年のプリントと内容が違うことが判明し、後から買い直すはめに。。。。。

おかげで我が家には、持て余した学用品在庫がかなりあります

準備をして余った在庫はメルカリなどで出品されることをお勧めします。

 

公立小学校のランドセル

 

すでにこれを読まれている方は、ランドセルの戦いを終えられた方もいらっしゃるかと存じます。年々激化するランドセル商戦

 

私の周りは老舗の鞄屋さんで牛革のランドセルを申し込んでいるママさんがとても多かったのですが、私と娘は、無名の鞄屋さん普通のクラリーノのランドセルにしました。

 

私自身が、フェイクの革(合皮)の鞄で満足な人種なので、そこまで牛革に憧れがなかったのもあって、娘自身に色もデザインも決めてもらいました。

 

女の子にしては珍しい、紺色に清楚な刺繍の入ったランドセルを娘が選んでくれたので、親はホッと一安心。

 

ランドセル商戦は、私たちの周り、土屋鞄・池田屋さんのあたりの有名老舗メーカーGW明けには注文が始まっています

我が家は関西の鞄屋さんで、楽天から通販で買いました
通販は不安だったのですが娘が気に入ったのがそこでしか売っていなくて。
その代わり口コミを網羅しました。

購入は6月20日頃に購入したと思います。

ここでランドセルを購入


とても気に入っています。

 

防災頭巾カバー

 

幼稚園の頃は、手作りしなきゃと意気込んでいた私ですが、小学生はもう諦めて市販のカバーを購入しました。

罪悪感に苛まれながら入学式を迎えると、同じメーカーの防災カバーのお友だちが沢山いました!

 

市販のものを買うのに抵抗があるって悩んでいるママ、気にしないで下さいね。

 

幼稚園の入園式では、他のママが作ったものがなぜか気にかかって仕方がなかったのですが、小学校はウソのように気になりませんでした

 

むしろ防災頭巾カバーは高学年になっても使用することが多いです。市販の高学年でも使えるようなタイプを選ぶママが多いようです。

 

私はハンドメイドが苦手だから市販の方がセンスが良いかな市販を選びました。センス抜群の手作りママは素晴らしいと尊敬をしています。

 

防災頭巾・カバー共にここで購入

COLORFUL CANDY STYLE


 

お道具箱一式

 

幼稚園や保育園によっては、ハサミやクレパスなどを卒園祝いとして贈呈してくれるところもあります。同じ幼稚園の出身者は皆同じものを使っているという少し嬉しい習慣ですね。

何を贈呈品としてくれるのかは、その幼稚園や保育園によってもちがうので、先走ってこれも用意すると重複してしまうので注意しましょう。

 

いくら可愛いものを、特別なものをと思って親が用意しても、同じ幼稚園出身の子でおそろいの方が、初めての環境に不安を抱えている子どもには数十倍嬉しいものなのです。

 

公立小学校に通学する私服

 

幼稚園や保育園で、登園着や活動着が制服なお子さまは要注意!今すぐにタンスを見て下さい!私服はどの位ストックがありますか?

 

制服で毎日ラクチンに登園してくれている幼稚園時代を過ごしましたので、私服のストックが少なかったうち入学前に量販店に走りました

 

しかも、ポケットの付いた服がほとんどなかったのです。

 

幼稚園時代、プリンセスが大好きだった娘はフリフリのワンピース&スカートばかりを好んでいました。大体そういう服ってポケットがないのです。

 

移動ポケットを付ければ良いと思われるかもしれないんですが、慣れたらお転婆に豹変する娘曰く、邪魔なようです

 

ポケットのあるボトムを探していたら、娘のタンスはほぼ短パンになりました(笑)

 

 

スポンサーリンク

小学校入学後の勉強が心配な親子は学習塾の1年生準備講座がおすすめ

 

私も娘も結構な心配性で、入学後娘が学校の勉強につまずいたらどうしよう~と、そればかりが年長の1年間頭から離れませんでした。

 

某通信講座も一応取ってはいたのですが、少しくらいその講座が遅れたからって問題はないよね、と自分に甘い私はどんどんその課題を溜めていきもう手が付けられない状態に。

 

そんな時、習いごとのお友だちに無料で受けられる、有名塾の1年生準備講座の存在を教えてもらいました。

 

算数と国語の講座が2回あって、最後には力試しテストが受けられます。なんと先生からの面談と、テスト結果の解析まで付いてくるのに無料でした。

 

特に勧誘が激しいものでもなく、冷静に娘はどこが弱いのか、はっきり分かるのでとてもありがたかったです。

 

私が行った学習塾は無料でしたが、他の学習塾の有料講座も格安のものばかりで、行って損はないと思います。

 

自宅で1年生の準備用の問題集を購入される方、通信講座を取られてる方も多いと思います。学習面においてはもちろん、私とちがってきちんとこなさせている方は問題ないかと思いますが入学前に「授業を受ける体験」をしておくことは入学後の学習をスムーズにするためにはとても有効です。

 

学習塾によって、新1年生用の講座も色々な特色がありますので色々探してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

入学前のママ同士のつながりは必要!けれど気負いは不要

 

私は幼稚園を選ぶときに、娘の人見知りの酷い性格を考慮して、小学校に同じ幼稚園の子たちが半分以上になる所を選びました。

 

こじんまりした幼稚園だったので、ママたちの結束も高く小学校の準備も先輩ママたちに色々教えてもらったおかげでスムーズに行うことができました。

 

でも、もしその情報がなかったとしても心配し過ぎないで大丈夫。

 

意外と何の情報もなくても、どうにかなってしまうものです。間違ったものを持たしてしまったとしたら、入学後に先生に聞いて対応しなおしたって問題ありません。

 

小学校に入ると、面白い位にママ達に会う頻度は減っていきます。私は一緒に一喜一憂する仲間がほしいタイプだったので、ガッツリママ付き合いをしましたが、それは人それぞれで大丈夫です。

本当に重要なことは、学校が教えてくれますからどうか気負いしすぎないで下さいね。

 

スポンサーリンク

【公立小学校入学】娘の入学式体験レポート・準備編のまとめ

 

これまで娘の入学までの準備を振り返ってお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

大切な子どもの入学式の晴れの舞台。お母さんも気を張り過ぎずに、入学式までに疲れてしまわないように、幼稚園最後の年が素敵な1年になりますよう願っております。

———————————————————————————————————-

今回は、娘さんの公立の小学校を済ませたばかりの女性に体験を書いて頂きました。

参考にして頂けたら嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました