新年の始めは初詣よりもこちら!一年の計は元旦にあり

質問箱

「一年の計は元旦にあり」を詳しく解説しているような動画を見つけたので紹介します。

これを実現したらどのような飛躍があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

初詣よりも”一年の計は元旦にあり”

 

お正月番組で、多くの人で賑わっている元旦の神社よりも、神様にきちんと認識してもらえるように、人出が空いて来てから神社でお参りをした方がいいというテレビ番組を見ました。

それなら、神社に行く前に「一年の刑は元旦にあり!」を実行してみませんか?

 

2019年を最高すぎる1年にする4つの方法 今年こそ人生を変えたい人は必見 仕事 人間関係 収入アップ 夢実現 環境 自由時間

 

2019年を最高すぎる1年にする4つの方法 今年こそ人生を変えたい人は必見 仕事 人間関係 収入アップ 夢実現 環境 自由時間

 

今年を素晴らしすぎる最高すぎる一年にするための4つの方法をについて

解説をされていました。

 

1年前の目標をいくつ実現されたでしょうか?

例えば

  • 新年の目標を作る
  • 一年の目標を紙に書いて貼りだす

 

そんなことをされたのではないでしょうか?

新年の目標をいくつ実現されましたか?

年初めに、前年を振り返ってみて、

自分の成長が遅いと感じている方は、この動画をしっかりとチェックしてみてください。

 

1年前はもっと素晴らしい成長を遂げてしる予定だったのではないでしょうか。

しかし、このようなことは毎年みんなが繰り返していることなんです。

 

それは、

この動画でもよく登場する

 

動画の中でじゃ何度も出てくるのが「ゲンさん」ということばです。

これは、

潜在意識の現状維持機能

ということらしいです。

 

この動画で詳しく解説されています。

『あなたが、お金持ちじゃない理由 幸せじゃない理由』

潜在意識の現状維持機能(ゲンさん)とは? あなたが、お金持ちじゃない理由 幸せじゃない理由 ゲンさん・1

 

自分の潜在意識の現状維持期が今までと同じ行動をさせてしまうのです。

だから、

特別なことをしないと、

このままでは・・・去年と全く同じような一年になってしまいます。

今までと全く同じように、
自己実現の夢などなどは、何も実現できていないってことになってしまいます。

 

潜在意識の現状維持期のつまりゲンサンに抑え込まれていては、

 

自分の言い訳ばかりして、

今までの延長線上で毎日を過ごしてしまうので、

前年のように新年も現状維持のままで終わってしまいます。

 

去年とほぼ全く同じ収入

去年と全く同じ仕事

去年と同じ人間関係

去年と同じ人生の環境

去年と全く同じ自由時間

 

などが考えられます。

来年、今と全く同じ人生で新年を迎えることになってしまうということです。

 

あなたはそれでいいのでしょうか?
それで満足でしょうか?

生活に追われないようなを毎日を送りたくはないですか?

 

それでは、どうすればいいのでしょうか?

今の生活に、満足できない理想があるのなら、あなたがやるべきことは一つです。

 

スポンサーリンク

人生を変えたいのなら「一年の計は元旦にあり」

 

今こそ、一年の計は元旦にありを実行して人生を変えていきませんか?
一年の初めから、ゆっくりとしたお正月を過ごさないで、

スタートダッシュ掛けた人は、一年を結構楽なエネルギーで目標達成できるのです。

 

だからこそしっかりと

  • 時間を取って自分の人生を振り返り、見つめ直す
  • 具体的な行動計画を立てる
  • 一番大事なのがすぐに行動をすること

が大事なのです。

新年から素早くスタートダッシュをかけます。

 

とにかくとにかくこの一年のスターツダッシュをかけることを意識してそこに集中してください

 

今までと同じようにダラダラと同じ毎日の延長線上と同じことだけをして過ごしても未来は、

もちろんやっていきます。

しかし、成長したいのならばこれではいけません。

 

常にチャレンジ精神で、やりたいことにどんどん挑戦して過ごして、

成功をした未来に作り替えましょう。

 

挑戦する時には、困難というのの壁を乗り越えます。

多少・・・とても大変ですが、

 

1月11を迎えてもその挑戦が続いていたら、その後の人生は全く違うものになってい
ます。

もはや別ステージというか、

別次元の人生なっているでしょう

 

それなので、どういうふうにこの一年を過ごすかに今後の未来がかかっているのです。

 

そのためにはこの1年スタートダッシュをどう描けるかが本当にカギになってくるということなのです。

 

毛利元就の名言

 

毛利元就の名言を紹介します。

一年の計は春にあり

一月の計は朔(ついたち)にあり

一日の計は鶏鳴にあり

 

朔(ついたち)とは、その月の初めの日のことを指します

鶏鳴とは、その日の朝、一番鶏が鳴く、早朝のことです。

そして、この毛利元就の言葉は、こういう意味になります。

毛利元就はこの紹介した動画と同じように、元旦、月初めの日、その日の早朝に計画をたてますが、

それだけではなく、

プラスアルファ―として、

お正月の元旦のとても早い時間帯からスタートダッシュをして、計画を実行するべき!と私たちに諭しています。

 

スポンサーリンク

新年の始めは初詣よりもこちら!一年の計は元旦にありのまとめ

 

2019年を最高すぎる1年にするための4つの方法とは? 今年こそは人生を変えたい!という方には、重要なメッセージ
1月14日くらいまでに「スタートダッシュ」をかけないと、2019年の1年間のクオリティが、ほぼほぼ決まってしまう理由とは?
「1年の最初のゲンさん」(潜在意識の現状維持機能)を乗り越えることが、人生を変えるための超重要な極意となります!?

1.特に今のこの時期は、何よりもスタートダッシュをかける
2.行動しながら考える 行動しながら計画を立てる
3.思い立ったら吉日以上に、思い立ったら3秒以内に行動する
4.先が分からない、見通しが立てられないモノほど、行動するしかない 行動する以外に、見通しを立てることなんてできないのだから

物事で一番大事なのは、最初と最後

すべての満足感は、100%ゲンさんである」という人生の秘訣も、ぜひ覚えておいてください!

成功者は、いつもいつだって、先の見えない不確実な中を、猛ダッシュできる人のこと

神王TV YouTubeより

当初の動画は、「確実に幸せなお金持ちになっていただくため」に必要なことを教えてくれる動画なのです。

幸せなお金持ちって素敵ですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました