売れるセールスレターを書くための有効的なポイントと基本項目

質問箱

売れるセールスレターを書くためには、まず始めにお客様に関心を持っていただかないといけません見出しの一語造形を変えるだけで反応が大きく変わってくることもあるのです。思わず魅了されるような可能性提案してみましょう。

 

スポンサーリンク

売れるセールスレターの見出し(タイトル)の基本項目

 

見出しを書く前の心構え

 

  • 見出しから広告臭さを取り除き、あくまでも真摯に書きましょう。
  • 明らかなメリットの他に、さらなる提案ができるところを見つけましょう。

 

その上でターゲットの選定をします。

 

ターゲットの選定

 

購入ターゲットにより、文章や言い回しが違ってきます。例えば、テレビコマーシャルなどでは、ターゲットの年齢層に人気のあるタレントを起用した方がその商品の購入率が大きく上がっていきます。

 

ターゲットは、女性ですか?男性ですか?年齢層は?どのような生活環境にいる人でしょうか?

 

ターゲットの人物象

 

ターゲットの人物像はここまで詳しく設定をしましょう。

 

  • 世帯年収が600〜700万
  • 課長職のサラリーマン
  • 40代~50代
  • 家族は妻と子供2人(中学生、高校生のお父さん)
  • 趣味はない
  • 悩みは、休日は家族に邪魔ものにされ居場所がない

 

あなたのサービスを購入して頂ける人はどんな悩みを持っていでしょうか?

 

売れるセールスレターのタイトル

 

タイトルはすぐに理解できるもので、興味を持てるものにする必要があります。

タイトルで興味を持っていただけなければ一巻の終わりです。

なので、いかにタイトルで商品またはサービスの魅力を盛り込めるかがポイントになります。

 

タイトルに興味を持ってもらうには

 

  • これを使えば簡単であること。楽が出来ること。
  • 数字が入っていること
  • 注意をひきキーワードが入っていること

 

これらがあればOKというわけではありません。あくまでもに目的は「提供するものの販売」です。

これを使った場合の恩恵が簡単に伝わるように書きましょう。

 

命令文(勧誘分)にする:あなたはすぐにこの青汁を味わってみるべき!

メリットを強調する:あなたのお肌は翌日にはふっくらとはりがでています

数字を上げて明確にする:英語が2週間で楽に話せるようになります

証言してもらう:タレントの○○さんも愛用しています

質問をする:背中ニキビでお困りではありませんか?

比較する:今までの2倍以上の保水力

好奇心を引き出す:思い通りの場所ににゴルフボールを飛ばす方法

 

上記の点を踏まえた上て、

  • 3~5字以上のキーワードをやキーフレーズを3つ以上入れる
  • 選んだキーワードは検索エンジンに引っ掛かりやすいものにする
  • 選んだキーワードは副タイトルに繋がるものにする
  • 句読点は最小限にして文法的に正しくよみやすいものににする
  • スペースも含めて最大100文字にする
  • 反応を変えたいと思ったら、ボールド体、先頭文字を大文字に変えてみる

 

それでは有効的な副タイトル・サブタイトルの書き方を紹介します。

 

スポンサーリンク

売れるセールスレターの小見出し(サブタイトル)の書き方と基本項目

 

タイトルが完成したのなら、もう少し踏み込んだサブタイトルに続けていきます。

読者は、「タイトル」「小見出し」「小見出し」と目を通していきます。ここで読者の心をつかむことができたら「本文」を読んでもらえます。ですのでサブタイトルの付け方は大事にしましょう。

 

小見出しは、基本的に「タイトル」「より興味深い言い回し」にすることで本文につながっていきます

 

steppeアップのキーワード術小見出し(サブタイトル)の書き方と基本項目

 

もしも出来るのなら

サブタイトルタイトルにつけたキーワードを含めます

 

【タイトルのキーワード】

「メインキーワード●●●+サブキーワード△△△+サブキーワード□□□」

 

【サブタイトル1】

「メインキーワード●●●+サブキーワード△△△」

 

【サブタイトル2】

「メインキーワード●●●+サブキーワード□□□」

という感じに展開をしていきます。

 

最後にいよいよ本文の書き方を紹介します。

 

スポンサーリンク

売れるセールスレターの本文の基本項目

 

本文を書くときの大事なポイントは、

読者に「素晴らしい未来を想像させられるか?」これにかかっています。

 

これを手に入れたのならお金を払う以上の体験や利益が得られると考えて頂けたのなら、

ワクワクしながら読んでもらえます。

 

それには、不特定多数へ訴えかけるものではいけません

「あなたたち」に訴えかけるものではなく、

今、この瞬間に目の前にいる「あなた」に訴えかける必要があります。

その為には、まず買ってもらいたい相手を正確につかんでおく必要があります。

 

売れるセールスレターの本文の流れ

 

  • 本文の始めに記事の内容に触れつつ、読まずにはいられないような魅力的な約束をする
  • 本文の前半で、記事の書き手の紹介をして、人柄を理解してもらう
  • 文章は一人称で書く

 

冒頭ではまず問いかけをします

欠点も積極的に伝えましょう。その為には欠点があっても余りある利点を提案しないといけません

大変な作業になりますが、商品やサービスを熟知しましょう

 

本文では、このセールスレターに興味を持ってくれたユーザーに対して、その人の「なりたい未来」最大限に膨らませるための文章を書きます。

そして、その未来に対する不安を除去することが大事になっていきます。

「保証」「信頼性」を分かりやすく詳しく書くことを重視します。

読み手の感情を引き出しましょう。

 

売れるセールスレターのクロージング

 

クロージングでは実に行動をしてもらいます

最後に読者にどうしてもらいたいですか?

 

そのまま購入してもらいたいのでしょうか?それとも問い合わせてもらいたいのでしょうか?

または、今すぐ電話をしてもらいたいのでしょうか?

 

必ず、文章の最後に「どうして欲しいのか?」を明確に書きます。

そして緊急性を持たせて読者の背中を押してあげます。

  • 期間限定
  • 数量限定
  • 特別価格

今買わないと次はないことを明確にお知らせします。

時間と共に欲しい熱い気持ちは冷めてしまいます。時間が経過すればするほど薄れてしまうのです。

 

クロージングの段階では、

  1. 商品やサービスの内容を簡潔にまとめます。
  2. そして、申し込んでくださいとはっきりと伝えます。
  3. さらに、緊急性を持たせます。
  4. あたかも取引が成立したかのようにクロージングします。

 

 

スポンサーリンク

売れるセールスレターを書くための有効的なポイントと基本項目のまとめ

 

人は自分の望むものにはお金を惜しみません人は必要だと感じたら買うべき理由を考え始めます。どうしても欲しいと思ってしまうと、クレジットカードを使ってリボ払いを選択するなどして買える方法を探し始めます。

なんでローンを組んでまで買いたくなるのでしょうか?

 

それは、それを手に入れた時の自分が素晴らしいことだと魅力を感じるからです。

それを手に入れた「自分の未来」ものすごい魅力を感じるからです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました