インフルエンザの予防にもなる梅干し

冬のインフルエンザ対策
スポンサーリンク

梅干しってすごい

梅を一日5個食べるとインフルエンザ予防になるんです。

梅の素晴らしい健康効果をご紹介します。なんとあのインフルエンザウイルスの増殖を抑制するのです。

 

梅1

 

梅干しを一日5個食べましょう

梅干しから抽出した、ポリフェノールの一種が、ウイルスの増殖を90%抑制したという研究の結果がでています。そのポリフェノールの名前は、

 

「エポキシリオニレシノール」

 

です。この研究では、

ウイルスに感染させた培養細胞にエポキシリオニレシノールを加えます。

7時間経過後にはウイルスの増殖を約90%抑制しました。

 

反対に

エポキシリオニレシノールを添加しなかった培養細胞は

ウイルスに破壊されていました。
このことから1日に5個、梅干し食べましょう~~ということに繋がったのでした^^

 

3月ごろのおススメ行楽スポットは梅まつり

 

インフルエンザは、2月にはピークを迎え3月まで続きます。そんな時期には梅を満喫できる『梅まつり』がぴったりの行楽スポットということになりますね^^

 

平成28年2月20日(土)には、梅まつり開幕記念品プレゼントがあります。

【時間】9:00~ 
 【場所】偕楽園東門

 

水戸の偕楽園は日本三名園のひとつとなっています。

1842年(天保13年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(なりあきこう)が

「衆と偕(とも)に楽しむ場」

という意味をこめて作りました。

 

・約100品種3,000本の梅が植えられています。

・毎年2月~3月に梅が楽しめます。
・梅まつり期間中の日曜日は観梅デーです。

・梅香の下で野点茶会

・水戸の梅大使・水戸黄門一行との写真撮影サービス

・水戸黄門祭り太鼓演奏

 

というイベントが楽しめます。

 

 

梅

 

スポンサーリンク

梅の健康効果

 

すごいパワーを秘めている梅ですが、まだまだ沢山の魅力があります。それらをご紹介します。

・ピロリ菌の活動を抑制

・インフルエンザウイルスの活動を抑制

・梅を毎日食べていると太りにくい

・骨粗しょう症の予防

・マクロファージを活性化

 

梅肉エキスには、体内に侵入した細菌やウイルスをやっつける免疫細胞(マクロファージ)を活性化します。

そしてマクロファージの数を2倍に増やして免疫力をアップさせるます。
インフルエンザウイルスの活性を抑えるだけでも素晴らしいのに、免疫細胞まで強化されるなんて益々頼もしいかぎりです。

 

夜の偕楽園もお勧めです

 

 

梅2

 

梅の幻想的なライトアップを楽しんでみませんか。

【日時】
平成28年3月5日(土)18:00~21:00[弘道館]
平成28年3月12日(土)18:00~21:00[偕楽園]
【会場】
弘道館・偕楽園

 

初春を満喫しに水戸に足を運ぶのもいいですね^^

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました