秋の夜長におすすめ!『硝子の太陽ルージュとノワール』

生活の知恵

『硝子の太陽Rルージュ』『硝子の太陽Nノワール』が同時に刊行されました。今までなかなか読めずにきましたが、やはり読まなくてはいけない作品だと実感しています。姫川玲子シリーズと<ジウ>サーガシリーズを読んできた人におすすめの2冊です。

 

015

 

スポンサーリンク

『硝子の太陽R ルージュ』 誉田哲也 著

 

折角なら、シリーズの最初から読み返してみるのもいいかもしれません。

 

ルージュは「姫川玲子シリーズ」です。ルージュって彼女によく合います。

 

「姫川玲子シリーズ」一覧

『ストロベリーナイト』2006年2月

『ソウルケイジ』2007年3月

『シンメトリー』2008年2月

『インビジブルレイン』2009年11月

『感染遊戯』2011年3月

『ブルーマーダー』2012年11月

『インデックス』2014年11月

に続く第8弾目です。

 

姫川玲子をよく表現しているところを引用します。

 

「……いや、別にいいんですよ。若くて頑張ってて、警部補にだって二十七でなったんでしょ?凄いなって思いますよ、ほんと。尊敬します。礼儀だって弁えてるしね。身綺麗にもしてるし。まあ、そこそこ美人でもあるし。ただね……」

『硝子の太陽Rルージュ』P.31より

とこれは先輩女性刑事さんの言葉です。

で、今度は、菊田刑事の言葉です。

「ああ……姫川主任って、よく感覚でものをいうじゃないですか。印象を大事にするっていうか。それ、刑事には凄い重要な要素だとは思うんですけど、たまに細かいデータを覚えてないときがあるんで。そういうときに、それはこうでした。あれはこうでしたって、即座にいえる人間が、近くにいないと駄目なんですよ。即答できなくても、資料のどこに載ってたくらいは、すぐに教えないと、あの人の思考を中断させちゃうから……そういうの、前のときはたもつさんとか、ノリがカバーしてたんですけど、今は二人ともいないですからね。前以上に、ここでは俺がしっかりしなきゃって……まあ、そんな感じです」

『硝子の太陽Rルージュ』P.33より

 

あとは本書でご堪能ください^^

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

同時コラボ・『硝子の太陽N ノワール』 誉田哲也 著

 

『硝子の太陽R ルージュ』『硝子の太陽N ノワール』で同じ場面が一瞬交差します。

そういうのって楽しいですね。

姫川玲子東警部補に会いに行きます。そこで話の最後に、その二人が共通にとても嫌いな「ガンテツ」のことを聞かれて、

すごくムカつきます。

ちょっと魅力的とか、そんなことを思って損した。

『硝子の太陽R』P.234より

 

そんな東警部補が活躍するのが『硝子の太陽Nノワール』です。

動機も真実も闇に堕ちる、

戦慄のノワールサイド

沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した2月、新宿署の東弘樹警部補は、「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異例な覆面覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。東とセブンの共闘が始まる!

 

 

秋の夜長にぴったりの本です。

どうぞお楽しみください。

まだまだ続きそうな気配のシリーズです。

読まずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました