秋の夜長にあさのあつこ『燦』

生活の知恵

燦という名の少年と家老の嫡男の伊月の物語です。『燦8 鷹の刃』が出て完結しました。人生を考えさせられるシリーズです。秋に物思いにふけりながら読んでみませんか。

 

スポンサーリンク

『燦 1 風の刃』 あさのあつこ 著

 

最初からこの物語に引き込まれていきます。不思議な力を持つ少年が出てきます。

鷹を自由自在に操り身のこなしも鮮やかなんです。

まっすぐな目と心を持った少年達に、思わず感情移入してしまいます。

しかも強くて格好いいです。
 
あなたの心に新たな風が駆け抜けます。
 
 

 

 

 
 

スポンサーリンク

『燦 2 光の刃 』あさのあつこ 著

 

舞台は江戸に移ります。光の剣というタイトルは、燦に似合います。

燦の名前の意味は、
 

太陽などが明るく光り輝くさま。彩りなどの鮮やかで美しいさま。

燦々と太陽が降り注ぐなんて表現もありますね。
 

燦は太陽、伊月はさしずめ月といったところでしょうか。燦が弟です。双子という設定です。
 
 

 

 

吉倉伊月:(よしくら いつき)燦のお兄さんす。二人は双子です。田鶴藩筆頭家老の嫡男です。田鶴藩主二男・圭寿の近習(側仕え)をいています。剣の腕が一流です。
 
清々しいほどに、圭寿(よしひさ)に一途に仕えます。そこが哀しく、素敵なんです。
 
 
(さん):神波の一族の生き残りです。16歳です。ここに紹介する3人もみんな16歳……です。伊月の双子の弟です。
 
鷹・フクロウを自在に操ります。神波では毒に慣れる訓練を受けてきたため、一般的な毒の量では効きにくい体質になっています。
 
考え方が雄大で、大きな人間なんだなぁ~と思わず憧れてしまいます。
 
 
圭寿(よしひさ)田鶴藩主の二男です。この物語ではいい味を出しています。とても上に立つ人とは思えない思考を持っています。
 
性格は、気まぐれで悪戯好きです。子供のころは、伊月と一緒に遊んでいました。主に悪戯です。
 
読み書きが好きです。夢を持っています。特技も・・・実は戯作者薄ケ原鷹丸(すすがはらたかまる)なんです。
 
父の隠居、及び兄の急逝に伴い世継ぎとなるので、物語は不思議な方向に流れていきます。
 
 

 

スポンサーリンク

燦・あさのあつこ著のまとめ

 
舞台は田鶴から江戸そして再び田鶴に変わります。
 
会いたい人に会うために、世の中を良くするために、歩いていきます。
 
「3 土の刃」
「4 炎の刃」
「5 氷の刃」
「6 花の刃」

「7 天の刃」と続きます。
 
最終巻は『燦 8鷹の刃』です。登場している女性たちも芯があって素敵な女性たちです。みんな運命に翻弄されながらも悩みながら、時には絶望をしながら懸命に生きています。伊月の育ての母にもジーンときます。
 
登場人物たちが、細かく丁寧に描かれているから、この物語はどんどん巻が進むごとに深くなっていくのですね。

燦の思い人の篠音。

伊月の思い人の於よう。

圭寿の思い人のお吉。

みんな美人です^^

 

この本はファンタジーなのでしょうか。歴史ものなのでしょうか。こんな生き方もあるのねーーと斧語りに思いを馳せながら読み進んだ物語です。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました