【感想】ロボット・イン・ザ・ガーデン「映画化したい一冊」にベルリンで選ばれました。

生活の知恵

ロボットアニメが大好きならば是非に読んで頂きたい本です。2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、レトロなロボット ”タング” のお話です。

 




 

スポンサーリンク

【感想】ロボット・イン・ザ・ガーデン デボラ インストール 著

 

レトロなロボットのタングが自分の庭に来たことで、主人公のベンと妻のエイミーとロボットのタングがみんなで、成長する物語なのですが、

ここはやはり、ベンがタングと旅にでることが大事なポイントになってきます。

 

日常と切り離された場所にいるから、

頭が冷やされ(妻のエイミーとは離婚をしてしまいます)

頭が整理され、

もしかして、自分のこんなところがいけなかったんではないかな・・・。

なんて、今までとは別の思考になっていくのです。

 

とはいえ、

やはりこの話のキモは、タングのかわいらしさなんですよね。

 

表紙の絵も素敵なんです。

大人気の絵本作家の酒井駒子さんが描く、ロボットの「タング」がとても愛らしいです。

ロボットアニメで育ってきた心をくすぐります^^

このカバー画を描かれている酒井駒子は絵本の、

・「よるくま」

・「ぼく おかあさんのこと…」

などの素敵な作品を作れてています。

これらの絵で感じるちょっとしたノスタルジーな感じがなんともいえません。

 

最初は、

2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれたから読み始めたんです。

ですが、読み始めると止まらなくなり、一気に読み終えてしまいました。

 

スポンサーリンク

2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた『ロボット・イン・ザ・ガーデン』

 

タングは、ぬいぐるみになってベルリン国際映画祭に参加をしたそうです。

 

映画化によさそうな本を映画関係者に紹介するイベント

「books at Berlinale」というベルリン映画祭の中のイベントです。

そこでなんと、プレゼンをしてきたみたいです。

 

二十五カ国以上から応募された百三十冊の中から、

 

最終的に残った十一のプレゼン作品の中に、

『ロボット・イン・ザ・ガーデン』

が入ったんです。

すごいですね。

映画化されたも同然でしょうかね^^

こうご期待です。

 

 タングは、イギリスからドイツへは大好きな飛行機で向かい、”プレミアムな”ホテルに泊まり、”プレミアム”な友達を作り、プレゼン前日には美容のために(!)早めに就寝したとのこと。ベンからは「いい子にするんだぞ」と念を押されていましたが、当日の会場で最後までおとなしくいられたかどうかは謎です。

『ロボット・イン・ザ・ガーデン』デボラ インストール 著 訳者あとがき P.453より

 

実写版もアニメ版も、両方観てみたいですね。

 




 

スポンサーリンク

【感想】ロボット・イン・ザ・ガーデン「映画化したい一冊」のまとめ

 

この物語、タングのかわいらしい描写は多いのですが、構造はあまり詳しく描かれてはいません。

実はこの、タングはものすごくハイテク技術最先端をいくロボットなんです。

なんですが、

そこは、読者の想像にお任せといったところです。

だから読み手の夢がどんどん膨らんでいきます。

 

色々な意味で今後が楽しみな物語なんです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました