筍の上手な茹で方・アクの取り方

質問箱

筍(たけのこ)の旬は2月~5月下旬までです。たいていが5月上旬と言ったところでしょうか。 一般的に食卓に上るのが「孟宗竹(モウソウダケ)」というたけのこです。春から梅雨の時期に筍を食べると、やる気を高めたり、ストレスを軽減します。五月病に打ち勝ちたい人にはぴったりの食材です。

 

若竹煮

 

 

スポンサーリンク

筍の上手な下茹で方法

 

<材料>

・たけのこ 2~3本
・米ぬか 1カップ

・赤とうがらし2本
・大きめの鍋
・皿(落し蓋用)

 

1.たけのこは皮付きのまま、水でよく洗って土やゴミを取り除きます。

2.外側の皮を2~3枚むきます。

3.穂先を斜めに4~5cmほど切り落とします。

 

※火が通りやすくする為と、ゆで上がった後、皮がむきやすくするためです。

 

4.鍋にたけのことかぶるくらいの水を入れ、赤とうがらし2本と米ぬかを加え、落としぶたをして中火にかけます。

5.40~50分間煮ます。竹申を刺してみてスーッと通るならゆで上がりです。

6.そのままさめるまで置いておきます。

※ゆっくりと冷ますとえぐみが無くなります。

 

7.完全に冷めたら、タケノコを取り出してぬかを洗い流します。

8.穂先の柔らかい皮(姫皮)は食べられます。なのでそこは残して、切れ目から皮をむきます。

完成です。

 

下茹でした筍の保存方法

 

 

・大きめのボールに下茹でしたたけのこを入れます。

・かぶるくらいの水を入れます。

・冷蔵庫で保存します。

・毎日水を取りかえれば、5日間くらいは保存できます。

 

沢山たけのこを貰った場合はこの方法で保存してください。

 

スポンサーリンク

筍簡単レシピ・マヨネーズ和え

 

簡単にマヨネーズで筍を楽しんでみませんか♪

 

<材料> 2人分

 

・下ごしらえしたゆでたけのこ  1個(正味約200g)

・オリーブ油  小さじ2

 

合わせ調味料

・マヨネーズ 大さじ2

・白すりごま 小さじ1

・レモン汁、塩 少々

 

 

<作り方>

➀ 筍を食べやすい大きさに切ります。

➁ フライパンにオリーブオイルをしき、筍をこんがり炒めます。

➂ 火を止めて冷めたら、合わせ調味料を和えます。

 

完成です。

下茹でしたものをそのまま和えても食べられますが、こんがりと焼いた方が美味しいです。

 

スポンサーリンク

たけのこの栄養素と栄養効果

 

筍の栄養素 (100g中の含有量)
カリウム/500mg
ビタミンB2/0.12mg
ビタミンC/11mg
食物繊維/3.2g

 

たけのこの効能・効果

・ストレスの改善

・大腸がんの予防。

・便秘、高血圧の改善。

・コレステロールの排泄。

・ホルモンバランスを整える。

 

 

 

スポンサーリンク

雨後の筍ってどんな意味?

たけのこの付く言葉って色々あります。その中でも気になったのが、

 

雨後の筍

【読み】 うごのたけのこ

【意味】 雨後の筍とは、同じような物事が次々と現れ出ることのたとえ。

 

ちょっとうんざりとしたニュアンスがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

たけのこのまとめ

たけのこは「古事記」にも登場しています。今現在、一般的に食卓に出てくる筍の種類は、孟宗竹(もうそうちく)というもので、江戸時代に日本にやって来ました。

他には、孟宗竹、淡竹(はちく)、真竹(まだけ)という種類のたけのこが食べられています。

優れた栄養効果のある筍・・・シーズンに一度は筍を食べて、健康になり、精神の安定を図りたいですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました