*

黒羽織が着たい!流行してくれないかなぁ~と本気で願っています

公開日: : ご存知ですか

昔は母が幼稚園や小学校の入園などには必ず着物に黒羽織を羽織っていました。その思い出があるせいか、黒羽織を自分も羽織ってみたくてたまりません。先日、呉服屋さんで、”着物の健康診断” というものがあったのでそこで色々教わってきました。
 
スポンサーリンク



 

黒羽織とはどんなもの?

 

黒の紋付羽織や黒の絵羽羽織は、昭和50年代までの時代の既婚女性が必ずといってよいほど誂えていたものでした。嫁入りに一緒に持参します。

自分の子どもの学校の入学式・卒業式では、母親達がみんな着ていたのがこの黒羽織です。
その後のめっきり着ていらっしゃる方は減ってきました。明治時代から昭和50年代までの既婚女性に広く活用されてきました。
 
・背中側に紋を一個だけ染めた物

・後ろ袖につけた三つ紋

・絵羽織には紋を付けない物もあります。
 
小紋や紬などの普段着に使われる着物でもこれを羽織れば礼装となってしまうので、訪問着などが誂えない家庭では重宝されました。

ですが昭和の時代では、入学式や卒業式などでは、黒羽織の柄をお母さん達が洒落着として競い合って羽織られていたようです。

 

 黒羽織は訪問着には羽織らない

 

今は訪問着や色無地などを卒業式などでは着られる方が多いので、黒羽織の方が減ってきてしまわれたようです。

ですが、卒業のシーズンでは、体育館などはとても寒いです。黒羽織を羽織っていれば暖かく過ごせそうです。

※羽織は室内でも着ていても良いものなので、お正月の挨拶まわりなどでも重宝されていたようです。

※帯が隠れるので、帯が上手く結べない人にも重宝されていたようです。

 

 

普段着の着物は、紋の入ったの黒羽織を羽織れば準礼装になります。
 
スポンサーリンク



 

 

黒羽織が着たいと言った時に呉服屋さんは・・・

 

母の大事にしていた黒羽織を着てみたいのですが、今はあまり見かけないのですが・・・。と控え目に言ってみたのですが、

 

「今は誰も着ていません。そんなものを着ていたら借りてきたものを着ているんだなと思われますよ」

と言われました。

一瞬、ムッとしました。誰か私の担当を変えてーと思ってしまったくらいです。

着物診断士の先生も

 

「着ていませんね。着物には流行があるんです。誰も今は着ません」

ですって。

「・・・。」

そしてどうにか反撃してみました。

反撃できたのはこの方がいてくれたおかげです。
 

 

これです。表紙でも横森美奈子さんは黒羽織着ています。

呉服屋さんの言いなりになっていてばかりではいけません。

私だってお客さんなんです。

ここで娘の振袖も買ったんです。

なのに、なんでこんなに強く言われなくてはいけないのーとちょっと悲しくなったのです。

ですが、黒羽織について学べたので感謝しなくてはいけませんね。

 

頑固な私に、

着物診断士の先生は仕立ての重要さを話されました。

自分に合っているものでないと問題外だそうです。

 

羽織を着るのならサイズを自分に合わせましょう

 

今は、今は長めの丈の羽織が流行っているそうです。

なので、

・黒羽織を羽織られるのなら膝が隠れる長さが必要になります。

・袖丈も短いものはおかしいそうです。

 

 

羽織の丈・寸法は格好ものなので重要になってきます。
羽織の丈は身長の2分の1が基準になります。
・普通の羽織で身長の2分の1プラス2~4センチ。
・紋付羽織で身長の2分の1プラス4~6センチぐらいが目安です。

・裄は着物の裄より0.5センチ(約1分)長くします。

・袖丈は着物の袖丈から1~2センチ(約2分~4分)短いです。
羽織丈は年齢や体型、好み、材質、流行などにより多少加減するようです。

 

 

羽織のデザインやお値段ではなく、一番大事なのは、自分に合う仕立てになります。そこは、呉服屋さんの力を借りるのが一番の近道です。

 

娘の大学の卒業式に黒羽織を羽織ってみたいなぁ~とほんのり想っている私です。

残念ですが、母の羽織では少し短いようです。自分に合うサイズのものに出会いたいです。

ですが堂々と胸を張って卒業式に望めるのかどうかが一番の問題ですね。

 

黒羽織の流行を期待する私です

 

黒羽織を着てみたいですが、自分の手持ちの着物や帯では、ファッションコーディメーターの横森美奈子さんのようにお洒落に決まらいようです。

昔購入して高価だったものに執着をして、それが今の自分の年代に合わないものになっているからおかしいのでしょう。着物を、値段や質で考えずに安いものでも自分に似合うのか?という観点で着物を選んでみたいと思います。

横森さんは50歳を過ぎてから着物に興味を持たれたようです。私も一度、先入観を捨てたほうが良さそうと、著書を本で感じました。

黒羽織を格好良く羽織っていく日がくれば素敵です。

 

 

スポンサーリンク

ランキング

関連記事

女性の薄毛は遺伝が原因?ヘアケア方法を変えてみる

最近、髪が薄くなってきたような・・・。実は父が頭頂部が寂しい感じなのですが、娘の私にも遺伝するのでし

記事を読む

レストランのマナー・テイスティングしたワインが気にらない

クリスマスに彼女とレストランに行く場合、自分のマナーが気になりますよね。今回は、「テイスティングした

記事を読む

留袖を自分で着付ける時の注意点とは

ミセスの第一礼装である留袖は、特徴としては比翼仕立てであることと、五つ紋であることがあげられます。帯

記事を読む

ミンティアのキャンペーンあなたは何回目で当選する?

ミンティアでキャンペーンをやっています。ハガキではなく、インターネットからの応募のみです。ミンティア

記事を読む

地銀の競争が本格化 常陽銀行と足利銀行

上位地方銀行同士の異例の統合 来月上旬に大筋合意する見通しなのが、 北関東の大手地方銀行の常

記事を読む

剣道をしている人は要注意・偏平足の対処方法

剣道や卓球、陸上選手などの足を踏み込む動作をしているアスリートは、偏平足になりやすいのです。毎日、疲

記事を読む

定年退職について考える内館牧子著『終わった人』

定年退職した後の気持ちが、シビアに描かれている話を読みました。ただ単に、これは現実にはおこりえない・

記事を読む

「解雇」「倒産」会社都合による離職だと国民健康保険料が軽減されます。

会社を退職しました。なので、自分で国民年金や健康保険を払わないといけません。収入がなくなっても生活し

記事を読む

夏バテや疲労回復の疲れ対策はタウリンで乗り切れる。

立ちくらみやめまいがするなら要注意。夏は体がだるくなってきませんか?ダル重な体の状態を改善しましょう

記事を読む

ハロウィンをプリンセスコスチュームで子供と楽しむ♪

ハロウィンは、10月31日です。渋谷ではこの時期、飲酒が禁止されています。小さなお子さんのいる家庭で

記事を読む

スポンサーリンク

ランキング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【体験談】介護の仕事をするためにカイゴジョブに行ってきた!

介護の仕事を始めようと思い、介護の資料を請求した!長年勤めた会社を

介護って資格を取ってから働く?働きながら資格を取る?

介護の資格は介護の現場で働きながら取れるといいます。しかし、働きなが

新年の抱負は手帳に書いて実現・抱負例文一覧記載

あっという間に新年を迎えます。月日が経つのは本当に早いですね。自分が

12月1日日曜日のブログセミナー

12月1日日曜日に予定をしています。ブログセミナーの案内です。読み手

WordPress用ヘッター画像の作り方

Wordpressのブログを開設する時に、少しでも他のブログとの差別

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑