箱根駅伝のエース・堂場 瞬一のチーム2

生活の知恵

以前国道1号線近くに住んでいたことがある影響なのでしょうか『箱根駅伝』には強い思い入れがあります。多くの人たちを魅了して止まないこの駅伝、選手たち一人一人の襷をかけた約20キロのドラマから毎年、目が離せません。

そんな箱根駅伝を自分も小説の登場人物のように体感することができる小説が、堂場 瞬一『チーム』(実業之日本社文庫)です。

 

スポンサーリンク

2017年も1月2日A.M.8:00スタートです。

 

箱根駅伝は、お正月のビックイベントなので、炬燵でお雑煮やおせち料理を食べながら家族でテレビで箱根駅伝を見るのも、思わず沿線で旗を振りながら応援するのも良いですよね。

 

2017年1月2日、3日 A.M. 8:00スタート

 

最新の情報をゲットするならこちらです。

箱根駅伝公式HP

東京箱根間往復大学駅伝競走公式サイト|関東学生陸上競技連盟
箱根駅伝の速報・公式情報、交通規制関連情報、過去の成績・選手監督情報の検索、関東学連メンバーの日記等、公式情報全般を発信しています。

 

まだまだ先のことでしょうが、選手たちの戦いはもうすでに始まっているのですよね。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝ファンにおすすめの本

 

箱根駅伝ファンに是非読んでもらいたい本がこちらです。

チーム (実業之日本社文庫) 文庫 堂場 瞬一 (著)

 

 

箱根駅伝の熱い戦いがここに繰り広げられています。

箱根駅伝出場を逃した大学の中から選抜される混成チーム「学連選抜」です。

予選で好タイムを出した選手が選ばれます。

いわゆる敗者といわれる彼らなんです。

彼らは駅伝を何のために走るのか・・・という苦悩を抱えながら箱根を走ります。

 

とても好きにはなれない他校のライバルなど、箱根駅伝の予選で戦いあった敵たちが一つのチームを組みます。

様々な大学から、様々な想いのなかで、集まったメンバーが、「学連選抜」チームの中で絆を育んでいきます。

 

そのチームのメンバーのその後、

『チーム』7年後の物語がこちらです。

チームII (実業之日本社文庫) 文庫 堂場 瞬一 (著)

 

 

 

孤高の天才ランナー山城悟の引退の危機・・・彼を助けるためにかつてのチームが集まります。

 

天才の合理的な考え、

過酷な練習、

そして、

初めての挫折で人間らしくなっていく天才に、熱い箱根駅伝が花を添えます。

 

熱いけれど、冷たく厳しい箱根駅伝から目が離せません。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました