パンやサンドイッチをきれいに切る方法やコツを紹介します。

質問箱

パンとサンドイッチでは切り方を変えます。サンドイッチのようにパンを切ると、ボロボロになり切り口がよれてしまいます。逆にパンのようにサンドイッチを切ると具材が綺麗に切れません。それぞれの特徴を活かして美しく切りましょう。

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

パンをきれいに切る方法とコツ

 

スライスしていない食パンをふんわりと綺麗に切る方法を紹介します。

まずは、どの料理にも通用する切る姿勢立ち位置から。

 

パンを切る前に

 

まな板に向かうときは、体を調理台から10cmくらい離します。
握りこぶし1つ分空ける感じです。
右足を少し後ろにひいた姿勢をとります。

腰を少しひいて、上体をどっしり安定させます。

※体の正面はまな板に対して斜め45度の角度になります。

右足を半歩下げます。

 

パンを切るコツ・ポイント

 

・ナイフで切る際、絶対に下方に力を入れません。

・包丁を横に大きく動かして少しずつ切ります。
・一気にスパっ切ってはつぶれてしまいます。

 

 

パンを綺麗に切る方法

 

力で押し切るのではなく、包丁の切れ味だけで切っていくイメージで切り進めていきます。

 

切れていない食パンを薄切りにする方法

 

包丁を水平に、のこぎりのようにキコキコ切っていきます。

1.食パンをしっかり冷まします。

2.食パンの1辺より刃渡りの長い包丁を選びます。

3.切る距離が短くなるよう、食パンを置きます。

4.食パンを寝かせたまま包丁を水平に入れて、前後に大きく動かします。

5.軽く押したり引いたりしながら下へ動かします。

 

刃先は、包丁を引いたときもパンの外側に出ているようしていると良いですよ♪

 

パンの耳の幅が均等であるよう注意しながら切りましょう。
スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

サンドイッチをきれいに切る方法とコツ

 

サンドイッチにチキンなどが挟んであると、具材がずれて失敗してしまうことがあります。

 

それを解決する方法があるのです。

それは、

刃の根本を食材にあてて切り込み、

 

力を抜きながら、

 

包丁の切先部分を使いながら、

 

包丁を引きながらスーッと切ることです。

 

 

サンドイッチをきれいに切るコツ

パンに具をはさんだら、サンドイッチをラップでくるみます

まな板にのせ、10分ほど皿などにコップなどを置いて重しをしてから切ります。

サンドイッチの断面がきれいに仕上がりますよ♪

 

サンドイッチをきれいに切る方法

 

サンドイッチやホットサンドは、かたさの違うさまざまな食材が層になっています。

なので、包丁を入れて一気に切ろうとすると、

すぐに切れるものとなかなか切れないものがあるので、

なかなか切れないものが包丁にくっついてしまい、どんどん潰れていってしまいます。

 

食材を一つ一つしかりと切り進めていくと、注意力を発揮して、包丁を水平にゆっくりスライドさせて切ると、イメージしながら切るだけで綺麗に切ることができます。

 

スポンサーリンク

パンやサンドイッチをきれいに切る方法やコツのまとめ

 

パンやサンドイッチをきれいに切る方法やコツは、種類によって切り方を変えることです。

 

具の挟んでいない食パンは、食パンを寝かせたまま包丁を水平に入れて、前後に大きく動かし、軽く押したり引いたりしながら下へ動かします。

 

具の挟まれているサンドイッチやホットサンドなどは、刃の根本を食材にあてて切り込み、スーッと力を抜いて包丁を引きながら切るようにします。

以前は、どれも同じように切ってしまい失敗をしていました。食材によって切り方を変えてみるとうまくいきます。

美味しくパンを食べたいですね。綺麗な切れ目でパンのおいしさを味わってください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました