【感想】疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい

読書感想

背中にどっとおもりが乗っているような気がしませんか?腰回りに違和感をかんじませんか。だるい症状があるのなら、腎臓をもんでみませんか。

 




 

スポンサーリンク

『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』の本の感想です。

 

最近、疲れを感じてきているのでこれはうれしい1冊です。腎臓に効くツボをマッサージすると、良いことが沢山あるらしいです。

若がえる、というのならこのマッサージをやってみようじゃないか!という気持ちになる本です。

マッサージを詳しく説明している写真があるので分かりやすいです。

 

 

「更年期障害」「生殖機能低下」も腎臓を整えれば解消する

 

アンチエイジングにも腎臓が関係している、

白髪にもこのマッサージにも良いらしい、

腎マッサージで腎臓を整えると代謝が良くなってダイエットにもいいらしい。

 

沈黙している臓器である腎臓はたくさん働いているのですね。

そして、なんと

 

更年期障害性機能低下にも有効なマッサージらしいです。

 

詳しく説明しますと、

 

とは東洋医学で、腎臓と副臓のことですが、副腎皮質

・エストロゲン

・プロゲステロン

が作られています。

 

卵巣から作られるものと比べると量が少ないのですが、

更年期の女性には(最近では男性も更年期にかかると言われています)魅力的なものとなります。

 

つまり、

”副臓が元気なら、更年期の症状が緩和される”ということです。

 

睡眠不足と冷え、ストレスが、腎臓を最も疲れさせる

 

これは衝撃です。

・睡眠不足

・冷え

・ストレス

これらが一番、腎臓を疲れさせるといいます。

睡眠時間が短い人は、

「腎機能が早く衰えやすい」

そうですが、このことは証明されています。

 

 一晩あたりの睡眠時間が5時間以下の女性は、睡眠時間が7~8時間の女性に比べ、腎機能が早く衰えるリスクが65%も高かったそうです。

『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』寺林陽介 著 内野勝行医師 監修 p.168より

 

・しっかりと睡眠をとって(5時間以上)、

・寝る前の2~4時間はものを食べず、

・睡眠前には入浴などで身体を温め、

・冷房の中に長時間いない生活をし、

布団のなかでしっかりと眠るようにしましょう。

 

ソファーで爆睡をして朝を迎えてしまった・・・そんなことを繰り返している私の腎臓には、今まで労わってあげずにごめんなさい。

と謝らなくてはいけないようです。

 




 

スポンサーリンク

『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』感想のまとめ

 

おへそから腰まわりをマッサージするとかなり健康になれて若返るということがわかりました。

この本に載っていること、

⇒腎臓によい食べ物を食べ過ぎない

ことに注意をして健康になっていこうと決意をしました。

なんだかこのマッサージって最強な感じですね^^

 

 

 

 

腎臓マッサージ方法

 

おへその横から背骨のあたりまでを、1回1分程度、こぶしでグリグリトこすります。

・マッサージは1回1分を目安

・肋骨に気を付けて、少しだけ強めの力で

・腹式呼吸をしながら力を抜いてマッサージ

・終わったら水分を取りましょう。

 

病気の方や妊婦さんは医師に相談しましょう!

 

【基本の腎マッサージ】

お腹を、両手の指の第1関節と第2関節だけを曲げてお腹にぐっと押し当てて、

グリグリと両手を上下に動かしながら腹の方に移動していきます。

お腹は指の第一関節でマッサージ

わき腹は指の第二関節でマッサージ

背中は指の第三関節でマッサージ

すると、数々のツボが刺激されるので、

身体が温まり、このマッサージを続けていくと、

疲れた取れたり、白髪が減る、肌が若返るなどの変化が出てきます。

むくみが取れるのと、マッサージ効果でウエストも細くなるという嬉しい効果も楽しみですね。

 

↓↓↓

腎臓をもむ方法を紹介している動画を見つけました。

参考にしてみてください。

 

【公式】#寺林陽介 先生解説 1日1分!疲れがとれる#腎臓マッサージ のやり方

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました