【読書感想文】読みやすい・書きやすい!高校生の夏休みの課題に一押しの本

生活の知恵

ライトノベル感覚で読めるのに、感想文を書こうとした場合に文字数が稼げそうなくらい、内容が盛りだくさんな本を紹介します。美女やイケメンが大勢でてきますが、この本の魅力はそんなもので終わりません。宮内 悠介の『あとは野となれ大和撫子』は、直木賞・芥川賞ダブルノミネートされた最注目の新鋭が挑む、超王道冒険エンタメです。

 




スポンサーリンク

『あとは野となれ大和撫子』宮内 悠介の感想文を書くポイント

 

感想文書くのに困らない作品なんですよね。。。それは、突っ込みどころが満載だからなんです。

下記の項目を一つ一つ潰していくだけでもかなりの枚数書けます。

ですが、だらだら書くのではなく、自分の心に響く部分だけを取り上げた方がよいでしょう。

【読書感想文の構成ポイント】

  • 後宮(ハレム)の女の子達が政権を執ったのなら!
  • 中央アジアの小国で政変が勃発した。
  • 自分の国の大統領は暗殺された。
  • 自分の国の国会議員は無責任
  • 問題が起きると省庁は機能不全になってしまった。
  • カザフスタンとウズベキスタンに挟まれアラル海に面した場所にあるという設定で他国に侵略されそう
  • 後宮(ハレム)がある国
  • 後宮(ハレム)の女の子たちは紛争地域からの難民や、日系、アフリカ系など多民族で成り立っている。
  • ソビエトによる環境破壊
  • 女の子の中のいじめ
  • 民族間の対立

 

簡単にサクサク読める本で楽しいです。それなのに内容がかなり深く掘り下げて描かれています。

 

 

『あとは野となれ大和撫子』ってどんな人達が出ているの?

 

一応、後宮(ハレム)が出てくるので、女の子たちはみんな美人です。どんな美人なのか映像で観たいですね。男性陣も魅力的な人たちが登場しています。

【あとは野となれ大和撫子の登場人物】

ナツキ・ナシーム・トオミネ
日本人の理系の成績優秀な女の子です。父親が植物工場の技術者だったために、家族で不安定な情勢の地域に仕事で来ていました。それが、内戦の爆撃で家族を失ってしまいます。

そして、さまよっていいたところを後宮のウズマに拾われます。”優しいけれど何かが欠けている”と言われてしまうほどの女の子なので、周りから浮いています。空気は読めません。夢は「雨を降らせてアラル海を復活させることと、遊牧民になること」です。

・父の口癖「俺が現場にいなくてどうする」

・ナツキの口癖「やることはやった。あとは野となれ」両方絶賛実践中。

アイシャ・ファイシャル
水連(ニルフイヤ)の笑みが必殺技のクールビューティ。チェチェン難民出身の為に、どこにも行く当てがないため必死に勉強を頑張ってきました。以前は成績が良く8歳年下のナツキを「何事にも受け身」だからと、気に入らない存在と思っていたのですが、ある事件がきっかけに、かなり仲良くなります。野心家?で、暗殺された大統領を慕っていました。彼女は後宮みんなの憧れの的です。政治コースを修了し外務省入りが決まっていたのに、大統領暗殺事件があり、エリートの道も閉ざされてしまいました。国の緊急事態を受け、アラルスタン臨時政府を立ち上げます。そして、大統領代行に就任します。彼女は国を再び失うことのないように立ち上がったのでした。

ジャミラ・クンディ・サドザイ
ケニア出身。後宮ではどのグループにも属してはいませんでしたが、ナツキをなにかと気にかけて、お菓子などで徐々にナツキの心を開かせていきます。本人は餌付けみたいだなーって思っていました。ナツキの最初の友人です。そこからアイシャとも仲良くなります。明るく勝ち気で、ノリが弱い・・・。

夢は「中央アジアの伝統文化を守る側になること」。臨時政府では文化相を担当します。銀のアクセサリーで鎧のように固めたファッションをしています。

ウズマ・ハリーファ
建国時よりアラルスタンの女社会に君臨するお局様です。枢密院の議長にして後宮のボス。アイシャたちの世代は、ウズマと違い高等教育を受けさせてもらえていたために気に入りません。ナツキ達を雛鳥扱いしバカにします。彼女の妨害にナツキ達は立ち向かえるのか?国を何よりも愛していますが、後宮内の保守派なので、臨時政府と対立しています。無学なのですが知恵は豊富にあります。無学をバカにしている輩はしっぺ返しにあいます。

イーゴリ・フェルツマン
とにかく胡散臭いです。後宮に出入りする神出鬼没の吟遊詩人・・・二胡を弾く語り部です。西欧の道化を思わせる服装でもわかるように物語のトリックスターです。実は武器商人でもあります。得体のしれない雰囲気だからなのか?人からは疎んじがられています。

ナジャフ・アリ・ラシード
物語に色を付けてくれるイケメンです。イスラム原理主義系組織「アラルスタン・イスラム運動(AIM)」の幹部から、物語が進むにつれて代表になります。大統領暗殺に乗じ、政権奪取をもくろむ一派です。なのでナツキとは敵になります。いえいえ、好敵手?かな?過激派組織に属してはいますが、実は穏健な思想の持ち主です。あれ???ナツキにプロポーズ???ナツキに対して健気な様子が垣間見られます。。。。。

 




 

スポンサーリンク

読書感想文にお勧めの『あとは野となれ大和撫子』のまとめ

 

主要な登場人物たちは夢とロマンを持っています。自分の夢は何か?を模索する感想文でも良いかもしれません。多方面にわたるエンターテイメントな作品なのでどこをとっても、深い感想文になることでしょう。あなたの注目ポイントは何ですか?人それぞれによって心に響く部分は違ってくるでしょう。自分の心と向かい合う1冊になることを願っています。

 

 

どうしても感想文が書きずらい人はこの動画もみてください

【感想】ダブルノミネートされた『あとは野となれ大和撫子』

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました