固めの歯ブラシがない?固めの歯ブラシで上手に歯を磨く方法

生活

スーパーで最近、”かため”の歯ブラシを見かけなくなってしまいました。
固めの歯ブラシは歯茎を減らしてしまうために敬遠されていますよね。
ですがまだまだ根強い人気があるのが固めの歯ブラシです。
やわらかい歯ブラシは1ヶ月持たないですよね★
今回は固めの歯ブラシを上手に使う方法おすすめの固めの歯ブラシを紹介します。
どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

最近、かための歯ブラシが少なくなってきた理由

力をかけずに歯を磨いている人、または、力の弱い人にとっては便利な、”かため” の歯ブラシです。
長持ちもします。

力を入れてごしごし歯磨きをするのは危険です

硬い歯ブラシで歯をごしごし磨くと、やわらかい歯ブラシよりも歯のエナメル部分が削れてしまったり、歯茎に傷が付いたり、歯茎が下がってしまいます。

  • 歯が削れる
  • 歯茎が下がる

これらの原因が、硬い歯ブラシで歯をごしごしと磨くことなんです。
知覚過敏も怖いですよね。

ですが、余りにも柔らかい歯ブラシで歯を磨くと、歯石が多くなってしまうこともあるのです。

歯の上手な磨き方

ここで固い歯ブラシでも上手に歯を磨ける方法をお伝えします。

上手に使えばとても便利な、”かため” な歯ブラシです。

  • 歯を一本一本磨くかのように磨きます。

するとごしごしと力強く歯を磨くことがなくなります。

歯の根元にしっかりと歯ブラシを合わせて、力をかけることなく丁寧に磨きます

  • 歯の裏側もきちんと磨きます。

歯ブラシを縦にしたり、横にしたりと上手にすべての歯を磨きましょう。

スポンサーリンク

歯ブラシのヘットは小さいものを選びます

歯ブラシのヘットは小さい方が丁寧に磨けます。

以前、歯科の講習会に行ったときには、新品がそれしかなかったので、「子供用の歯ブラシ」を持ってでかけました。

子供用の歯磨きおすすめです

子供用の歯磨きを見せるのが恥ずかしかったのですが、先生に褒められました。

ヘットは小さめがおすすめです。

なかなか近所のスーパーでは私の好みの、「硬め」の歯ブラシが置いていなかったのでおススメの歯ブラシを紹介します。

スポンサーリンク

GUM(ガム) デンタルブラシ 超コンパクトヘッドの長所

GUM(ガム) デンタルブラシ 超コンパクトヘッドの長所をお伝えしますね。

GUM(ガム) デンタルブラシ 超コンパクトヘッド かため

  • 非常に小さなヘッド
  • 小さなヘットだから、お口のなかで動かしやすい
  • 歯を1本1本丁寧に磨けます。
  • ブラシには抗菌コート付きです。
  • 色は選べない
スポンサーリンク

かための歯ブラシが好みです

かための歯ブラシは、歯を磨くときに、力を入れずに効率よく歯を磨くことが出来ます。

そして、長持ちします。歯ブラシは1か月で交換するようにしますが、柔らかいものや”ふつう” の歯ブラシでは、なかなか1か月歯ブラシがもちません

だから、かための歯ブラシが好きなんです。

スポンサーリンク

かための歯ブラシがスーパーにないことのまとめ

かための歯ブラシでは、力のない人でも歯をきれいに磨くことができるという利点があります。だから、あまりスペースのないスーパーのみなさん。
かための歯ブラシを置いてくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました