【感想】『雪煙チェイス』舞台は野沢温泉スキー場

生活の知恵

野沢温泉が舞台とされている『雪煙チェイス』読みました。根津さんと千晶ファンにはたまらない作品ではないでしょうか。

雪山に行ってスノボやスキーを楽しみたくなりますね。
 



 

スポンサーリンク

【感想】『雪煙チェイス』東野圭吾 著

 

あーこのひとは本当にウインタースポーツが好きなんだなーって素朴に思えた作品です。

だから、スキー場に関わる人たちが温かく描かれています。

 

舞台は里沢温泉スキー場。日本最大級のスキー場とされています。

実際は、”野沢温泉スキー場” がここのモデルとなっています。

 

野沢温泉スキー場は、

広くて雪質も良くて、最高のスキー場なんですね。

 

物語の主人公は、

脇坂竜実(わきさか たつみ)開明大学の4年生です。学部は経済学部。

ある事件の被疑者として警察に追われています。

 

一緒に協力しているのは、

親友の、波川。同じ大学の法学部の4年生。

 

彼らと警察との雪煙チェイスが始まります。

 

感想としては、やはり雪山って、パウダースノーっていいですよねーということですね。

滑らないといけません。

 



 

スポンサーリンク

野沢温泉スキー場で雪煙チェイス

 

素敵な光景でしょうね。黒いタキシードでびしっと決めたスキーヤーの新郎と、

白い純白のウエディングドレスのスノーボーダーの新婦が

華麗に雪煙を上げながらすごい勢いで滑ってくるなんて、

 

そしてフィニッシュは・・・。

どうぞお楽しみに。

 

・・・でこの新郎新婦って誰でしょうか・・・。

 

野沢温泉スキー場のパウダースノーが、

美しく演出してくれるのですね。

 

この東野圭吾さんの「雪煙チェイス」は

このお二人の対談を読むと面白さが増します。

上村愛子さんとの対談が見逃せない

 

 

スポンサーリンク

【感想】『雪煙チェイス』舞台は野沢温泉スキー場のまとめ

 

スキーやスマホを楽しむときにはマナーを守ってくださいね。

 

「このスキー場でトラブルを起こすことは、この俺が許さない。滑走禁止エリアには絶対に入るな。自己責任エリアは滑走可能だが、自分の力を過信するな。何かあったら、自分たちが困るだけじゃない。このスキー場にも迷惑がかかるってことを絶対に忘れるな。いいな、わかったな」

『雪煙チェイス』東野圭吾 著 P.408より

 

そして、パイダースノーに巡り合ったら思いっきり楽しんでください。

 

『疾風ロンド』映画のサラサラのパウダースノーの野沢温泉スキー場に行こう
映画の『疾風ロンド』は快調なスタートを切っていますね。東野圭吾さんの原作で100万部を超える売り上げを誇っている小説のフ...

 

【感想】『恋のゴンドラ』の桃実の恋愛が上手くいかない理由
東野圭吾の『恋のゴンドラ』をもう読まれたでしょうか。いつもと違って軽いタッチの恋愛小説なんです。この小説の中では、脇役の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました