結婚って何?『四月になれば彼女は』川村元気の恋愛小説

生活の知恵

結婚する前に読みたいお話です。結婚前に婚約者の彼女が、「すっかり消えたらしいよ」「わたしたちの恋愛」と言いました。川村元気さんの書く恋愛小説に美しさと残酷さが見え隠れします。
 
スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

結婚ってなんだろうと名言を読んでみる

 

人はなんで結婚をするんだろうって考えてしまいます。

なんででしょうね。
19世紀のフランスを代表する小説家のオノレ・ド・バルザック(1799年5月20日 – 1850年8月18日)は、

こう名言しています。

あらゆる人智の内で、結婚に関する研究が最も遅れている

オノレ・ド・バルザック

 

それは、いまも昔も変わらないものなのかもしれません。

 

 

デンマークの哲学者、思想家であるセーレン・オービエ・キェルケゴール(1813年5月5日 – 1855年11月11日)は、

 

結婚したまえ、君は後悔するだろう。結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう

キルケゴール

 

とにかく訳が分からないのが結婚というものらしいです。

 

結婚とは齋藤ひとりさん談

 

斎藤一人によると

結婚は、”人間関係の修行” なんですって。
世界で一番相性の悪い相手と逢うと惚れて結婚してしまう・・・らしいです(;’∀’)

同棲して様子をみればいいのかなと思いますよね。

ですが、

同棲しているうちはお互いに猫を被っていると言います。

なら、

結婚ってしないほうがいいのかな?って思ってしまいますよね。

 

齋藤ひとりさんは、

結婚はした方が良い。

と言います。

 

人間関係の修行になるからなんです。

修行をして成長をしろってことなんですね。

 

そうは言っても、その修行中も楽しく過ごしたいですよね。

 

結婚が上手くいく方法は

 

齋藤ひとりさんの語る結婚の上手くいく方法は、こんな感じです。

 

男性が結婚を上手くいかせる方法

男性が結婚生活を送るうえで一番大事なことは、

相手に期待しない
相手を変えようとしない

 

ということです。

いつまでも奥様に愛されているために、

 

・とても見た目にも格好いい男の人でいること。

・言っていること。語っていることの格好の良い人になる。

 

それが大事なことのようです。

 

女性が結婚を上手くいかせる方法

 

女性が結婚生活を送る上で一番大事なことは、

 

相手に期待しない
相手を変えようとしない

ということです。

だから、

・言いたいことは言わない

・自分の嫌なことは大概相手はする・・・と心得ておくこと

 

参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

結婚相手を愛しているか分からない男性が出てきます『四月になれば彼女は』

 

情景が美しい中、この主人公の何も考えていない様子が気になっていきます。

もうすぐ結婚するらしい。

だけど、

婚約者のことを愛してもいないらしい。

本当に結婚してもいいのかなって心配になってきます。

 

 

美しいな世界の中で、思い出もほろ苦い。

でも、

婚約者との関係だけが見えてこないのです。

 

本当に相手のことをわかっているのか?

わかっていないから結婚してしまうのか。

 

世界は美しく、どこまでも続いていく。

そして、以前は情熱もあった。

でもそれは消えてしまっているのだろうか。

 

さて、この物語に思い当たりはありませんか。
 
スポンサーリンク



 

 

スポンサーリンク

結婚について考えた『四月になれば彼女は』のまとめ

 

自分と出会った人と何ができるのかな。ってそんなことなのではないでしょうか。

自分一人だけいい思いをしたのでは、幸せにはなれないんです。

なにができるのだろう。

 

自分は何を相手にしてあげられるのでしょうか。

冷めた感じの主人公に感情がほとばしるラストを味わってみませんか。

 

https://cosmeticsdiet.com/2585.html
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました