【シャドウバース】アドバンテージとミッドレンジロイヤルと(アグロ)ネクロについて

生活の知恵

前回は冥府エルフについて簡単に説明しました。正直初心者向けでないのであまり詳しくは書けませんでしたがエルフデッキをゆくゆくは使いたい、という方には一つの指針になれば幸いです。

 

↓前回の内容はこちら

【シャドウバース】冥府エルフの紹介について

 

スポンサーリンク

最強デッキ・冥府エルフ、ミッドレンジロイヤル、アグロネクロについて

さて今回は前回語れなかった。アドバンテージの話とそこから繋げて冥府エルフと並ぶ現環境最強ミッドレンジロイヤル(アグロ)ネクロについて軽く触っておこうと思います。
新しくカードゲームを始めるにあたって環境の最強デッキを知っておくことは大事なことだと思います。
なお、現環境で私個人では、
冥府エルフミッドレンジロイヤルアグロネクロが強いと考えていますがシャドバプレイヤー全体の相違というわけではなく、

「いやドラゴンが強いだろ」

とか、

「コントロールヴァンパイアが強い」
などといった意見もあるでしょうが、シャドウバース自体、結構な、先行ゲーでありまして、

それぞれのデッキの強みを押し付けるゲームで、どのデッキにも勝ち目があり、先行ゲーであること以外では、環境を一つのデッキが占めることもなく、そこそこ良環境(良調整かどうかはわかりませんが)なのではと思います。

スポンサーリンク

シャドウバースのアドバンテージについて

 

さて、カードゲーマーは知ってて当然の知識ですがアドバンテージについてですね。シャドウバースはすこし他のカードとは
異なるゲーム理論ががあるかもしれませんが言いたいのは簡単な話なのです。

例えば、お互い手札が3枚あったとしましょう。

相手がフォロワーを出してきました。

これでボードに1枚、手札に2枚の計3枚の利用可能なカードがあるわけです。

この相手のフォロワーに対してスペルの除去を撃ち、破壊したとしましょう。

これでお互いのカードは2枚ずつ、つまり1対1交換が発生したというわけです。

後ほど説明しますが、出したフォロワーの効果必要なコストなどについては省略します。

この1対1交換ですが、同じ条件ならばお互い特に利益不利益を生まないやりとりになり、時間が経過したばかりになります。
(速度の遅い、つまりデッキのカードにコストの重いカードが多いデッキは得したかもしれません)。

では次に、相手の消費したカードの枚数を2枚、こちらの消費した枚数が1枚だったとしましょう。そうなればこちらの枚数的な有利が発生しますね。

要はこれが言いたいのですが、

カードゲームでは積極的にカード枚数差をつけていくということです。
先日説明したエルフに、「収穫祭」というカードがありますね。

これは毎ターンカードを3枚プレイすればカードを1枚ドローできる

という能力ですが、

これを達成するごとカード枚数差は「相手+0、自分+1」というアドバンテージを生み出します。

こういった自分の手札場のカードが増えていく、相手だけ多く減るという動きを意識することがカードゲームを始めるにあたって重要なファクターになります。

また、先程までは度外視してましたがライフポイントの問題がありますね。ビートダウン、という概念がありまして、
ライフポイント削りきってしまえば勝ちなのでどんどん顔面を殴ってライフを削ろうという勝ち方があります。

他のタイプにも言えますが、こういうものは時折、アドを捨ててでもトドメをさせればいいので一時のアド損を被る、というのがあります。

詰将棋を詰ませるために飛車を捨てるようなものです。

しかし、どうでしょう、ライフ1でもトドメを刺されなければ負けではないのです。カードゲーマーは「死ななければ安い」などと言いますが、
実際リスクが高くなるとは言えライフ的にダメージを負ってもボードアドバンテージを意識して遊んでみるのはどうでしょうか。
難しいですが、戦略の幅が広がるかもしれません。

 

逆に、相手の強力なカードに対し自分が複数のカードを犠牲にすることでそれを排除するということもあります。

そしてそれは、時に仕方のないことです。

 

コストの高いカードほど、簡単に倒しづらく防ぎづらいことがあります。それを押し付けていくのがシャドウバースだったりします。

 

 

さて、ここまで初歩にも満たないような話をしましたが、ロイヤルの「海底都市王・乙姫」というカードはどうでしょうか。

これは出現時Tipと言います)場に上限まで「乙姫お守り隊」というカードを生み出します。

 

つまり、1枚のカードから5枚になるのです。
アドバンテージは4枚。強いカードです。全体除去などで一度に破壊しなければ最悪カード5枚以上使って処理しなければならないというわけです。

アグロネクロの「ラピッドネクロマンサー」は死ぬとき相手に2ダメージ与えます。これを除去するためにカード1枚使えば、1対1交換になりますが、自分が2ダメージ食らっただけ損します。

こういった、アドバンテージ概念的に強力なカードを使用してデッキを組むことは構築の上で非常に重要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

ミッドレンジロイヤル・アグロネクロのまとめ

 

ミッドレンジロイヤルや、アグロネクロはそういったアドを生み出しながら、相手のライフをどんどん削っていく前のめりなデッキで、とても攻撃力があり、強力です

詳しいレシピなどはwikiなどを参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 【シャドウバース】冥府エルフの紹介について

【シャドウバース】ってなに?ゲームの始め方を解説

【シドバース】大型アップデート

 
【シャドウバース】のウィッチを選択した場合の組み方について

【シャドウバース】2ピックについて

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました