【シャドウバース】2ピックについて・ドラゴンをピックする

生活の知恵

またも、シャドウバースの2ピックについてを取り上げます。

今回はドラゴンピックするという選択肢についてを考察します。

 

スポンサーリンク

【シャドウバース】ドラゴンをピックするという選択肢

 

ドラゴンピックするという選択肢について。

 

巷では最弱と言われたり言われなかったりするドラゴンですが、個人的には優先的にピックしています。

というのも、ドラゴンの勝ち筋が決まれば勝ちやすく、そのためのピックも経験的に安定しているように思うからです。

 

2ピック

 

・ピック時の取捨選択

・戦闘中のプレイングなど実力で決められる強さ

・ランダムで現れるピック時のカド排出

・対戦中のカードの引き

・対戦相手のピックしたデッキとの相性

などの運要素が勝率に絡んできます。

 

逆に考えるとこの運要素を可能な限り排除できれば、勝率の安定に繋がると考えられます。

 

ですがその話をする前に、ドラゴン2ピック環境の強みを考えていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ドラゴンの2ピック環境の強み

 

2ピック環境では、私は、スタッツの強さが重要なファクターだと考えています。除去手段に乏しく、また、アグロタイプのデッキを組むために

ピック時点で前のめりに組まなければならず、キーパーツを引けるかわからないということからアグロ、というか速攻型のデッキが組みづらく

どんなに一方的でも7ターンはとどめを刺すのに必要だと感じました。

つまり序盤はなんだかんだで適当でよく、

ミッドッレンジからもっと重いカードを一枚一枚出していき、

相手にその処理を手間取らせて勝つという感じです

 

能力値の高いフォロワーを除去するためには、汎用除去進化で上から殴るしかありませんが、

手札のカードの重いカードの数が勝ればその状況で優位に立てます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【シャドウバース】2ピック時のドラゴンのカードプール

 

さて、そこで2ピック時のドラゴンのカードプールを考えます。

ドラゴン比較的コストの重いカードが多く序盤はPP上昇という特殊能力をもったカードや、

2ピック環境かなり強力な守護持ちのカードで構成されています。つまり他デッキよりコストの重いデッキを組みやすいということです。

 

また序盤にPP上昇を打てればかなり有利です。

 

”黄金竜の棲家”は手札の高コストカードの濃度をあげ、デッキの回転率をあげられます

法皇の庭園はお互いのハンドの楠戸がすべて半分になるという諸刃の刃ですが、

次のターンこちらも高コストのドラゴンを展開できますし、6ターン目サタンなんていう押しつけをできます。それ以降は

アポカリプスデッキを半減したコストで使え、決まれば相当強いです。

ドラゴンをピックした場合、やはりサタンを先に出すことができるのが強いですね。

 

ただサタンを出しても、とどめを刺すために数テンポ遅れるので

確実に勝てるかわかりませんが、それまでに有利な盤面を作れれば勝利は確実でしょう。

 

ドラゴンピックするという選択肢は、ドラゴンにはハマれば圧勝できるパターンがあり、それを5連続で決めれば5連勝ボーナスも狙える、という

風に見てみるのはいかがでしょうか。

 

もちろん、ランカーから勝ち方セオリー公開されて簡単にひっくり返ることもあり得ますが、あくまでも

 

ひとつの案ということで。今回は以上になります。

 

 

 

 

 

 

【シャドウバース】ってなに?ゲームの始め方を解説

【シャドウバース】冥府エルフの紹介について

【シャドウバース】アドバンテージとミッドレンジロイヤルと(アグロ)ネクロ

【シドバース】大型アップデート

【シャドウバース】のウィッチを選択した場合の組み方について

ロイヤルをピックした2PICについて

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました